JUJU×久保田利伸 オトナのコラボが実現、スティングの名曲をデュエット

音楽 公開日:2018/10/31 5
この記事を
クリップ
}/

8/25より、デビュー15周年YEARを迎えたJUJU。本日10/31、平成を代表する音楽プロデューサー“松尾 潔×小林武史”奇跡のWプロデュース楽曲『メトロ』がリリースとなった。そして、12/5には、ジャズCD史上初のオリコンTOP5入りを果たした大ヒットJAZZ ALBUMの最新作『DELICIOUS ~JUJU's JAZZ 3rd Dish~』をリリースする。

“自分の時間も、人生も、恋愛も、美味しくなければ意味がない、、、” そんなメッセージを込めて制作された『DELICIOUS』シリーズ第3弾『DELICIOUS ~JUJU's JAZZ 3rd Dish~』の収録曲にて超豪華コラボレーションが実現!スティングが1988年にリリースした名曲『Englishman In New York』を久保田利伸氏とデュエットすることが本日発表となった。




共にニューヨーク在住経験があり、実はその時から親交のあった2人。JUJUがいつか自分の作品で久保田利伸氏とデュエット曲を作りたいという想いを久保田利伸氏が快諾し、今回の共演に至った。

今コラボレーション曲の選曲に際し、『DELICIOUS』シリーズのプロデューサーである松尾 潔氏は、久保田利伸と膨大な量の候補曲の試聴を重ね、その中から8曲まで絞った後、JUJUと全ての曲の仮歌レコーディングを行うという、異例の過程を重ねた。

ボーカルレコーディングにおける、久保田利伸JUJUのこだわりは凄まじく、何度もアプローチを変えながら、幾度とレコーディングを重ねて、ようやく『Englishman In New York(Duet with 久保田利伸)』の完成にたどり着いた。2人のニューヨークとうたに対する想いが詰まった渾身の作品となっている。

本日より、小松菜奈出演で話題の『メトロ』MVメイキング・小松菜奈コメント、『DELICIOUS ~JUJU's JAZZ 3rd Dish~』全曲ダイジェストムービーも公開となっている。

JUJU コメント
久保田兄さんにJAZZアルバムでのデュエットを御快諾いただき、こうやって声を合わせることができて本当に幸せでした。お互い長く過ごしていた街、そしてアルバムのテーマが“ニューヨーク”ということで「Englishman In New York」はぴったりな選曲だったのではないかと思います。聴きどころだらけな1曲、みなさまに楽しんで頂けたら嬉しいです!

 
久保田利伸 コメント
JUJUのJAZZ ALBUM2作を既に聴かせてもらっていて、粋な事をやるなって思っていました。JAZZのレコーディングは初めてだったので、個人的にもこれはいいチャンスだと。オリジナル含め今まで聞いてきた「Englishman In New York」は色んなものがあるけれど、ものすごく、今作が好きになっちゃいました。楽しんでやれた証拠です。とても良いものが出来ました。

この記事の画像一覧