May J. ラジオ公録で小椋久美子とバドミントン対決

音楽 公開日:2018/10/28 24
この記事を
クリップ

10月27日(土)三重県鈴鹿市のイオンモール鈴鹿にて行われたイベント「SPORTS×MUSICスペシャルトーク&ライブ」で、May J.がパーソナリティを務めるJFNレギュラー番組「Have Dreams」の公開収録を行った。

この番組は2017年4月から続いているラジオ番組で、パーソナリティを務めるMay J.が、様々なジャンルから、夢に向かって駆け抜けている「夢中人」=「The Dreamers」をゲストに迎え夢についての話を聞くラジオプログラム。


公開収録で迎えたゲストは、元女子バドミントン選手で現在はスポーツインストラクターとして活躍している小椋久美子。潮田玲子との女子ダブルスペア「オグシオ」として全日本大会5連覇を果たし、北京オリンピック5位入賞を果たしたのは記憶に新しい。番組では、小椋が小さい頃の話や、選手時代の話、そして、番組のテーマでもある、これからの「夢」についてのトークで会場は大いに盛り上がった。

公開収録が終わり、続けてMay J.がミニライブを行った。特設ステージ前には多くの家族連れで埋め尽くされ、「アナと雪の女王」の主題歌『Let It Go ~ありのままで~』が始まると、大きな歓声が飛び交っていた。

May J.は「小椋さんの活躍はテレビなどで拝見していましたので、今回ゲストとして番組に来てくださって、更に一緒にバドミントンをすることができて、とても光栄でした!とっても気さくで本当に美しい小椋さん、もっと大好きになりました!今度はプライベートでバドミントンを教えて欲しいです!」とコメントした。

このJFNレギュラー番組「Have Dreams」公開収録の模様は、11月10日週/11月17日週の2回に分けて放送予定。FM三重では、この番組が特別編成でO.A.される。


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 7件)

関連タグ