映画「愛唄」この澄んだ歌声は誰?主題歌の一部公開

音楽 公開日:2018/10/04 11
この記事を
クリップ

2017年、大ヒットを記録した「キセキ ―あの日のソビト―」のキャスト・スタッフが再び集結し、名曲『愛唄』を映画化した「愛唄 ―約束のナクヒト―」(2019年1月25日全国公開・配給:東映)。本作の第2弾特報が解禁となり、主題歌の一部が公開された。

GReeeeNが初の脚本で本作に込めたのは、名曲『愛唄』への想いと同じ「人を好きになることを恐れないで」という、まっすぐなメッセージ。手をつなぐことさえせず、恋する勇気を持てないまま大人になった青年が、“友”と“詩”との出会いによって、恋に全力で駆け抜けていくさまを、主演の横浜流星をはじめとする清原果耶飯島寛騎ら注目の若手俳優が描き出す。

この度解禁された第2弾特報映像は、トオル(横浜流星)が、「人を好きになる 愛し合う それは自然に覚えた? 誰かに教わった?」と詩集を読むシーンから始まる。恋も友情も知らないまま余命わずかなことを宣告されたトオルは、「毎日に夢中だから「息してることさえ忘れてるんだ」」というコピーの広告が映しだされた街頭ビジョンの前で立ち尽くしている。そこに現れたのが元バンドマンの旧友・龍也(飯島寛騎)だ。そして病院で出会ったのが伊藤凪(清原果耶)。




二人との出会いで変わっていくトオルの姿を、映像は次々と映し出す。凪と満開の桜並木を二人乗り自転車で颯爽に走り、屈託ない笑顔を見せる。戸惑いながら手をつなごうとする姿も。龍也にスマホをとられ慌てるトオル。“あいつの声が恋する勇気をくれた。”、“あの子の言葉が、生きる意味を教えてくれた。”とあるように、全力で恋に生きる姿は、何かを訴えかけるかのようだ。一方、ギターを弾く龍也、曲を聴いて涙を流す友人の比呂乃(成海璃子)。ラストは凪が青空のもと、飛行機雲を追いかけるかのように病院の屋上を駆ける姿が。そんな凪の秘密とは?「愛唄 ―約束のナクヒト―」のナクヒトとは、泣く人、涙するほど全力な人のこと。そのタイトル通り、涙するほど全力で生きる彼らが生み出す奇跡とは?

第2弾特報映像を彩るのは、青く澄み切った歌声。主題歌の一部だが、詳細は続報を待ちたい。

今回公開された場面写真は、5点。目に涙をため光に照らされるトオルと凪、スマホを手にしたトオルを説得している龍也。トオルの実家の定食屋で伊藤凪の秘密を聞いた龍也が驚いているシーン。謎の数式を黒板に書いてトオルに説明する凪、そして比呂乃へ拾った詩集を返すトオル。彼女が落としたこの詩集からこの物語はまわり始めるのだった。詩集、謎の数式、スマホというキーアイテムとともにトオルが駆け抜ける青春が切り取られている。

そんな青春物語、そこから生まれる奇跡がどのよう紡ぎだされるのか、期待せずにはいられない。

■映画「愛唄 ―約束のナクヒト―」
2019年1月25日(金)全国公開
(C)2018「愛唄」製作委員会
配給:東映

この記事の画像一覧 (全 5件)