HYDEがマッドハッターに、大人のハロウィン描くMV完成

音楽 公開日:2018/10/02 7
この記事を
クリップ

10月2日(火)から先行配信がスタートしたHYDEのNew Single『FAKE DIVINE』のMUSIC VIDEOはHYDE発案の元、不思議の国のアリスをモチーフとしたハロウィン仕様の作品となった。

NEO TOKYOのマンホールの下は、一年中ハロウィンを繰り返す魔物たちの世界。アリス、白ウサギ、チェシャ猫、ハートの女王など、原作でもお馴染みのキャラクターたちがマッドな出で立ちで登場するが、そこはHYDEのプロデュース。一味も二味も違った空気を漂わせている。

HYDEは何にでも変身できるトランプのジョーカーに扮し、マッドハッターに変身。怪しい地下世界で『FAKE DIVINE』を歌唱する。




二階監督はダークでゴシックな世界観を作り上げるために、約70%をグリーンバックで撮影し、背景映像では監督が常にこだわる「アナログ感」を追求。CGに頼りすぎない、どこか絵画的で独特なMUSIC VIDEOとなっている。

HYDEは本日からHYDE LIVE 2018追加公演の名古屋公演をスタート。週末には大阪USJでのイベント出演、そして来週の福岡公演を経て、10/26(金)~10/28(日)の3日間HYDE主宰<HALLOWEEN PARTY>を幕張メッセ国際展示場9・10・11ホールで開催する。

この記事の画像一覧 (全 5件)

関連タグ