安室奈美恵 引退の日、いつもの笑顔と最後の涙

音楽 公開日:2018/09/28 7
この記事を
クリップ
}/

安室奈美恵引退までの1年間を追った密着ドキュメンタリー「Documentary of Namie Amuro “Finally”」が9月29日(土)よりHuluで独占配信される。

いよいよ最終回となるエピソード13では、引退前夜の9月15日(土)に沖縄・宜野湾市の沖縄コンベンションセンターで行われた、「WE(ハート)NAMIE HANABI SHOW 前夜祭 ~ I(ハート)OKINAWA/I(ハート)MUSIC supported by セブン-イレブン」のライブ映像の完全版を2時間たっぷりお届け。この日のライブには平井堅、BEGIN、MONGOL800などの豪華アーティストに加え、山下智久もサプライズ登場し会場を沸かせた。

さらに、ラストライブの裏側、引退当日9月16日(日)の花火ショー「WE(ハート)NAMIE HANABI SHOW supported by セブン-イレブン」を浴衣姿で観賞した様子を、引退1カ月前からの密着取材と合わせて放送。これが本当に見納めとなる、ライブ映像と密着ドキュメンタリー映像の”最後の2日間”を余すところなく、豪華2本立てで配信する。(※配信開始時間は未定。※山下智久とのコラボ映像は2週間限定配信)


<ラストライブ編>
安室奈美恵が最後の舞台に選んだのは、故郷の沖縄。会場はわずか3500席というプラチナチケットとなった。平井堅、BEGIN、MONGOL800などがフェス形式で、安室の門出を盛り上げた。それぞれ自身のヒット曲に、安室の楽曲カバーも含め、まさに新たな旅立ちの日にふさわしいセットリストでライブは彩られた。各アーティストは”安室愛”たっぷりのMCを織り交ぜ、会場は大きな感動に。

3組のアーティストのライブ後、いよいよ安室が登場。これが正真正銘、”安室奈美恵の最後のステージ”。会場中割れんばかりの大歓声の中、1曲目は『Hope』からスタートし、冒頭から会場を煽っていく。2曲目の『Showtime』は、ミュージックビデオの安室の衣装を真似したファンが会場内外にたくさん溢れるほど、衣装の注目度も高かった曲。サビに入る前のお馴染みのカウントでは、会場中が一体となり「最後の掛け声」をあげていた。そしてこれまでのライブでは決して見ることができなかった、アーティスト達との夢のコラボレーションへ。事前告知無しで山下智久もサプライズで登場。安室とのコラボ曲『UNUSUAL』を披露し、2人でポーズを決めると、大きな歓声が沸きあがった。

最後の最後までサプライズ演出満載でライブは終盤へ。ファイナルツアーで感動のメッセージが出現した『Do It For Love』では、安室がこの日に伝えたい感謝の言葉がモニターに出現。そして最後の曲『How do you feel now?』と続き、ついに平成の歌姫・安室奈美恵のラストライブが幕を閉じた。


1/2ページ

関連タグ