May J. 全国ツアーファイナル「皆さんの前で歌うライブが一番好き」

音楽 公開日:2018/09/17 10
この記事を
クリップ
}/

May J.が、7月より全国8ヶ所8公演で開催したツアー『May J. Tour 2018 -Harmony-』のツアーファイナルを、9月16日東京・Zepp Diver City Tokyoにて行った。

7月25日にリリースされた2年4か月ぶり第4弾となるカバーアルバム『Cinema Song Covers』を引っさげて行われた本ツアーは4ピースバンドに、ツアーでは初となる弦楽四重奏を加え8ピースの生バンドという編成で行われた。




1曲目、映画 「ラ・ラ・ランド」のオープニングナンバー『Another Day of Sun』でスタート。ヒット曲『Garden』や八代亜紀とのデュエットで話題になった『母と娘の10,000日~未来の扉~』、映画『劇場版 ウルトラマンジード つなぐぜ! 願い!!』の主題歌「絆∞Infinity」、そして、今作のカバーアルバムから、『天空の城ラピュタ』の主題歌としてあまりにも有名な『君をのせて』、『STAND BY ME ドラえもん』主題歌『ひまわりの約束』、映画『グレイテスト・ショーマン』で非常に印象的な楽曲『Never Enough』、更に、社会現象になった大ヒット曲『Let It Go~ありのままで~(エンドソング)』を含む、全17曲を歌い上げ、本編は終了。

アンコールでは、映画『ボディガード』の主題歌『I Will Always Love You』と映画『タイタニック』の主題歌『My Heart Will Go On』の2曲のうち、会場の拍手の大きさによって歌唱する曲を決める、という演出があり、結果、『I Will Always Love You』を歌唱。予定では、2曲のうちの1曲だけのはずが、「ファイナルなので、もう一曲歌っちゃいます!」とサプライズで『My Heart Will Go On』を歌唱する一幕も。

May J.は「私は皆さんの前で歌うライブが一番好きです。今年でデビューして13年目になりますが、良い時も悪い時も、いつも変わらず応援してくれる皆さんがいて、本当に支えられました。本当にありがとうございます」と感謝の気持ちを述べ、最後に、ファンレターにインスピレーション受け、自身が作詞作曲し、ファンへの感謝の気持ちを歌った曲『Side By Side』を歌唱し、全国ツアー『May J. Tour 2018 -Harmony-』は幕を閉じた。

この記事の画像一覧

関連タグ