DISH// 3年連続日比谷野音は雨もあがり超満員の大盛況

音楽 公開日:2018/09/15 15
この記事を
クリップ
}/

4人組ダンスロックグループのDISH//が9月15日(土)に東京・日比谷野外音楽堂にて、ワンマンライブ「「DISH//音楽団祭り2018 -東の野音- -西の野音-」の東京公演を開催した。

野音でのワンマンライブは3年連続通算5回目となり、昨年9月17日に開催された『DISH//日比谷野外大音楽堂公演17’秋 「MUSIC BOIN!!(ミュージックボイン)」』は、台風の影響による荒天の中で決行された。今年も天候が心配されたが開場前には雨は上がり、会場には立ち見も含む約3000人のスラッシャー(DISH//のファンの愛称)が集結し、熱い声援を送った。





ホーン隊を従えてステージに登場したギター&ヴォーカルの北村匠海は「こんばんは、DISH//です! 野音にようこそ!!」と呼びかけ、ドラマ主題歌としてヒットした「I’mFISH//」や「俺たちルーキーズ」で勢い良くライブをスタートさせ、オーディエンスを躍らせた。最初のMCでは、匠海が「いろんな曲があるので、スラッシャーはもちろん、初めて来た人も最後まで自由に楽しんでください。ガンガン楽しんでいきましょう!」とあいさつし、オーディエンスのテンションを引き上げた。

お立ち台に上がって、全力のヘドバンを繰り広げた「皿に走れ!!!!」やエモいロックナンバー「That’s My Life」で会場を盛り上げ、To-iの繊細なピアノから始まるバラード「ただ抱きしめる」をしっとりと聴かせたあと、ソロコーナーに突入。ドラムボーカルやミュージカル調に踊るR&Bナンバー、ヒップホップやダンスチューンなど、全員が新曲を披露。さらに、久しぶりにつなぎを着て登場したライブの中盤には、客席中央に設置された特設ステージに移動し、観客に接近して熱唱。「14歳の頃からやっている」という自己紹介も復活。大きな歓声が上がった中、春のツアーで右手を骨折していた匠海が「5ヶ月ぶりにギターを弾きたいと思います。右手が喜んでます」と語り、ギター演奏を解禁し、観客を大いに喜ばせた。

匠海の「ここからラストスパートで! みんないけますか」という煽りから、『JUPMER』『勝手にMY SOUL』とライブでおなじみのキラーチューンを連発。最後に、匠海が「バンド演奏をやったり、踊ったり、ふざけてるようにしか見えないとをやったり。DISH//はこういうバンドですって証明できるように、今、できることを全部詰め込みました。DISH//箱の先も、唯一無二のスタイルで、いいものを作り続けたいと思います」と意気込みを語り、新たな出発への思いを込めた最新シングル「Startng Over」をエネルギー全開で歌いきり、本編の幕は閉じた。

アンコールでは、約20分に及ぶ音楽コントを展開し、「愛の導火線」では観客全員による大合唱が巻き起こる中で大団円を迎えた。ホーン隊を加えたパワフルなバンド演奏はもちろん、楽器を演奏しながら全力で踊るダンスロックスタイルや、歌とダンスだけのパフォーマンス、ソロコーナーや恒例のコントなど、彼らにしかできない多様な表現方法で観客を大いに楽しませた2時間となった。

なお、この日行われた「DISH//音楽団祭り2018」は、早くも12月12日(水)にDVD/Blu-rayとして発売することが決定。また、橘柊生がDJ To-iとしての初のソロ作品となるノンストップミックスCD『TOY BOX –To-i’s MIX TAPE』を10月10日(水)にリリースする。彼自身が選曲した日本のヒップホップ/R&Bの名曲に加え、この日に披露した新曲「音花火」も収録されている。

関連タグ