新しい「崎山つばさ」見ようと2000人のファン殺到

音楽 公開日:2018/09/14 5
この記事を
クリップ
}/

2018年9月11日、都内・池袋サンシャインシティ・アルパ地下1階噴水広場にて俳優・アーティストである崎山つばさが3枚目の、そして個人名義では初となるリリース『Crescent Moon』の発売を記念してミニライブ&握手会を開催した。

これまでは「崎山つばさ with 桜men」として、先月はa-nationのオープニングアクトを務めるなど、精力的な活動を行ってきた崎山。今回の『Crescent Moon』は今までの和の世界観から離れたロックな楽曲ということで、新しい「崎山つばさ」を一目見ようと、平日にもかかわらず、噴水広場の吹き抜け4階まで約2000名ものファンで埋め尽くされた。




人気女性向け恋愛ゲーム「イケメンヴァンパイア◆偉人たちと恋の誘惑」1周年テーマタイアップ曲である『Crescent Moon』では、サポートバンドと共に激しいロックにて会場を沸かせ、「オイ!オイ!」と自らこぶしを突き上げ、観客をあおった。家族や大切な人について切なく温かく歌うバラード『キンモクセイ』では、アコースティックギターに合わせ、しっとりと歌い上げ、歌唱後、「今日実はお父さんとお母さんが来ていまして…『大人になったよ』という姿を見せられたかなと思います」と歌詞と連動した親への感謝の言葉とともに温かい表情で微笑んだ。イベントの締めくくりには、ライブでの人気曲『螺旋』を熱唱した。

今後は東京、名古屋、大阪とリリースイベントが行われ、12月25日には初のワンマンライブとなるZepp DiverCityでのライブを控えている。

この記事の画像一覧

関連タグ