YOSHIKI、カーネギーホール以来の凱旋公演「YOSHIKI CLASSICAL 2018」開催決定

音楽 公開日:2018/09/13 12
この記事を
クリップ
}/

X JAPANのYOSHIKIが、 2018年11月12日(月)、 15日(木)の2日間、 東京国際フォーラムで 「YOSHIKI CLASSICAL 2018 ~紫に染まった夜~ YOSHIKI with Philharmonic Orchestra」 を開催することが決定した。 19日の日本外国特派員協会YOSHIKI記者会見で自らの口から発表され、 開催発表と同時にチケット先行予約受付が開始された。

YOSHIKI CLASSICAL は、 YOSHIKIのピアノ演奏とオーケストラによるクラシックスタイルのコンサートであり、 自身の音楽的ルーツであるクラシックの名曲や、 プロデュースを行った数々の楽曲が演奏される。




今回の公演は、 2017年1月の米カーネギーホール以来、 1年8ヶ月ぶりの凱旋公演の開催となる。 カーネギーホールは、 125年の歴史を持ち、 ビートルズが初めてロックコンサートを行ったことでも知られる世界有数の音楽の殿堂であり、 そこに立つ事が許されるのは世界でもごく限られた音楽家のみ。世界の音楽史に歴史を刻んだカーネギーホールでの大成功のみならず、 バンドとしても米マディソンスクエアガーデン、 英ウェンブリーアリーナを成功させ、 世界3大聖地を制覇した唯一のアーティストであるYOSHIKIのコンサートを、 日本で聞くことができる貴重な機会となるだろう。

2014年、 自身初のクラシックコンサートとなった「YOSHIKI CLASSICAL WORLD TOUR 2014」では、 世界10カ国計13公演(コスタメサ、 サンフランシスコ、 メキシコ・シティ、 モスクワ、 ベルリン、 パリ、 ロンドン、 上海、 北京、 バンコク、 台北、 東京、 大阪)を開催。 世界各地で大絶賛を浴びて大きな話題となった。 そして2017年にはついに、 世界の音楽の殿堂として知られる、 アメリカ・ニューヨークのカーネギーホールでの2公演が開催され大成功を収めた。

YOSHIKIはクラシック作品を多数手掛けており、 天皇陛下御即位10年奉祝曲 『Anniversary』、 2005年日本国際博覧会「愛・地球博」公式イメージソング『I’ll Be Your Love』、 第69回ゴールデングローブ賞テーマ曲「Theme For The Golden Globe」等、 世界各国から注目を集めてきた。 また、 2013年にリリースされたクラシックアルバム『YOSHIKI CLASSICAL』は全世界に配信されクラシック作品としては異例のセールスを記録した。

関連タグ