高橋一生、SUPER BEAVERのドラマ主題歌に「“軌道修正”が必要かも(笑)」

音楽 公開日:2018/09/13 7
この記事を
クリップ
}/

高橋一生主演、10月9日にスタートする新ドラマ「僕らは奇跡でできている」(毎週火曜よる9時放送 カンテレ・フジテレビ系)の主題歌に、SUPER BEAVERの新曲『予感』が決定した。

本作は、生き物のフシギに目がない大学講師・相河一輝の日常を描く、コミカル・ハートフルドラマ。常識や固定観念にとらわれないものの見方で、周囲の人々の価値観を揺さぶる主人公を高橋が演じるほか、榮倉奈々要潤、児嶋一哉と、西畑大吾(関西ジャニーズJr.)、矢作穂香、北香那、広田亮平ら次世代を担うフレッシュな面々、さらには、田中泯、阿南健治、戸田恵子、小林薫といった演技派俳優がズラリとそろう作品となっている。




そんなドラマの主題歌に、結成14年目のインディーズバンド・SUPER BEAVERの新曲『予感』が決定した。SUPER BEAVERが民放ゴールデン・プライム帯に放送される連続ドラマの主題歌を担当するのは、今回が初めてとなる。

2005年に高校の先輩・後輩の4人で結成されたSUPER BEAVER。2010年には映画「ソラニン」の劇中歌に楽曲を提供し、大きな話題を呼んだ。芸能界にも熱心なファンが多いことで知られ、今年4月に行った日本武道館での単独公演は“即日完売”となるなど、今最も勢いのあるバンドの一つだ。

そんな今ノリに乗っているバンド SUPER BEAVERの新曲『予感』は、このドラマのために書き下ろされた一曲。アップテンポなメロディーに乗せて“自分の感性に素直に従い生きていこう”という強いメッセージが込められている。作詞・作曲を手がけたギターの柳沢亮太は、楽曲提供にあたり、台本を何度も読んだという。“とても温かい話”という印象を受けた一方で、「ちょっとドキッとする言葉や、ハッと大事なことに気がつく場面を感じた」と話した。また「前向きで何かが始まりそうな雰囲気を感じさせながらも、聴いて下さる方が自身にとって大事なことに気がつけるような楽曲になったらいいなと思いながら制作させていただきました」と、楽曲に込めた思いを語った。そしてボーカルの渋谷龍太は「ドラマにとって、主題歌というものがどういう役割を持つものなのかわ
かっているつもりです。『僕らは奇跡でできている』に華を添えられるような、色を一色足せるような、そんな楽曲になったらいいなと思います」と、アピールした。

完成した楽曲を聴いた主演の高橋は、「元気いっぱいなアップテンポな曲で、すごく素直な歌詞なので、若さと元気さとはじけ度がいい感じだと思いました。一輝の目線というよりも、学生たちや周りの人たち、一輝に影響されていく人たちの目線という感じにも受け取れますし、明るくて本当に素直な印象を受けました。実際に曲と映像が合わさった時にどう見えてくるのか、とても楽しみです。僕はちょっとおじさんなので、このアップテンポの曲に合わせたようになれるのか、早速“軌道修正”が必要かもしれません(笑)」と、ちゃめっ気たっぷりに語った。

SUPER BEAVERの楽曲が彩りを添える「僕らは奇跡でできている」。好きなことに一生懸命な主人公と、クセの強いキャラクター揃いの周囲が織りなす、クスッと笑えて、最後はほっこりする物語。ぜひご期待いただきたい。

SUPER BEAVER コメント>
Q.ドラマ主題歌に決定した際のお気持ちをお聞かせください。
主題歌決定のお話を頂いた時はとても驚きました。結成14年目のインディーズバンドである僕たちが、こういったお話をいただけるなんて、本当に有難いです。

Q.新曲『予感』に込めた思いをお聞かせください。
曲を作る際に、何度も台本を読ませて頂きました。とても温かい話だなという印象を受けつつも、ちょっとドキッとする言葉があったり、ハッと大事なことに気がつく場面を感じて、この「予感」という楽曲も前向きで何かが始まりそうな雰囲気を感じさせながらも、聴いて下さる方が自身にとって大事なことに気がつけるような楽曲になったらいいなと思いながら制作させていただきました。楽しさを感じられる楽曲でもあると思うので、ぜひ聴いていただけたら嬉しいです。

Q.ドラマをご覧になる視聴者へのメッセージをお願いします。
ドラマにとって、主題歌というものがどういう役割を持つものなのかわかっているつもりです。『僕らは奇跡でできている』に華を添えられるような、色を一色足せるような、そんな楽曲になったらいいなと思います。10月9日からスタートするドラマ『僕らは奇跡でできている』、そして我々SUPER BEAVERの「予感」もぜひチェックしてください。

<主演・高橋一生 コメント>
元気いっぱいなアップテンポな曲で、すごく素直な歌詞なので、元気をもらえます。ガンッて後ろから押し出してもらえそうな曲で、若さと元気さとはじけ度がいい感じだと思いました。一輝の目線というよりも、学生たちや周りの人たち、一輝に影響されていく人たちの目線という感じにも受け取れますし、明るくて本当に素直な印象を受けました。実際に曲と映像が合わさった時にどう見えてくるのか、とても楽しみです。僕はちょっとおじさんなので、このアップテンポの曲に合わせたようになれるのか、早速“軌道修正”が必要かもしれません(笑)

<豊福陽子プロデュサー コメント>
初めてSUPER BEAVERの曲を聴いたとき、心に漠然とあった不安をズバッと言い当てられたような衝撃を受けたのを覚えています。シンプルな言葉で紡がれた歌詞が、シンプルゆえにズドンとまっすぐ、本質を突いてくる。時に言い知れぬ不安に希望を灯し、時に周囲に流されそうな自分に立ち止まれと示唆してくれる彼らの曲に、このドラマのテーマに通じるものを感じ、今回、主題歌をお願いしました。「予感」は、好奇心や生命力がムクムクと湧き起こってくるような躍動感と、どストレートのようでいて実は、聴けば聴くほど奥行きが感じられてくる不思議な魅力を持つ曲です。ドラマの中で流れたとき、物語とあいまって、“常識”や“当たり前”など、見えないものさしに縛られている人々の背中をきっと押してくれる、そう確信しています。ぜひ、ご期待ください!

この記事の画像一覧