Sonar Pocket、メジャーデビュー10周年祝い3000人が熱狂

音楽 公開日:2018/09/04 16
この記事を
クリップ

2008年9月3日、シングル『Promise』でのメジャーデビューより、今年で10周年を迎えたSonar Pocket。

記念日となるこの日に東京・お台場ダイバーシティ東京プラザにて「Sonar Pocket 10th Birthday」イベントを開催した。この日を、祝おうと全国各地から集まったファンおよそ3000名と記念すべき瞬間を共有した。




午前中は小雨が降り始めたが、彼らの登場の際には、小雨もあがり夕日も彼らの記念日を祝うかのように、会場を照らしていた。会場には巨大に彩られた、バースデーケーキがサプライズで登場し、メンバーを驚かせると、スペシャルLIVEで感謝の気持ちを表した。

『365日のラブストーリー。』で口火を切ると、約束を交わそうと『Promise』を歌唱、そして「今日この日、この場所に集まってくれた“あなた”がSonar Pocketの名前を最も多く呼んでくれた人だと思います。そんな大切なあなたを思って気持ちを込めて歌います。」とko-daiが感謝の意を述べると9月4日にリリースされるシングル『君の名前』が会場に響き渡った。記念すべき30枚目となるシングルは優しく温もりに溢れたバラードになっており、9月からスタートするMBS/TBSドラマイズム枠「文学処女」の主題歌となっている。そしてファンの間ではリクエストとしても人気の高い楽曲『花』で、10周年最初のライブを締めくくった。

 これまで数多くの楽曲をリリースしてきたSonar Pocketだが、根本にある「相手を思う気持ち」、その延長線上に代名詞となったラブソングなどが生まれてきた。10周年を迎えたSonar Pocketはアニバーサリーイヤーを祝して10月には約2年半ぶりとなるアルバム『flower』のリリースも発表。さらにはキャリア史上最長となる全国ツアーの発表もしている。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 3件)

関連タグ