家入レオ 地元・太宰府天満宮で艶やかな歌声を披露

音楽 公開日:2018/09/02 7
この記事を
クリップ
}/

現在放送中のフジテレビ系月9ドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」の主題歌を歌う唯一無二のシンガーソングライター家入レオと、儚く美しい歌声と異世界ファンタジーを描くシンガーソングライターedda(エッダ)が9月1日開催の「めざましライブ~日本お元気キャラバン in 太宰府天満宮」に出演した。今回の会場は、菅原道真公が祀られ学問の神として有名な神社「太宰府天満宮」。地元福岡出身の両アーティストのスペシャルなパフォーマンスとこの場所ならではの自然と歴史に触れることができ、心豊かな時間となった。





エレクトーンの音色で会場が神秘的に演出される中、ファンタジーテラーeddaが登場。「グールックとキオクのノロイ」で幻想的にライブはスタートした。続いてのデビューシングル曲『チクタク』では、その美声が太宰府天満宮と最高のマッチングを見せ、よりナチュラルなeddaを感じられるパフォーマンスとなった。その後も『ダルトン』『フラワーステップ』『魔法』などeddaを代表する計5曲を演奏。eddaならではの絵本や童話を思わせる物語性のある歌詞とウィスパーボーカル。太宰府天満宮をeddaのファンタジーワールドで包み込んだ。


続いては、「めざましテレビ」の人気コーナー“めざましじゃんけん”。MCを務めたフジテレビアナウンサー生田竜聖と久慈暁子、めざましテレビ6代目お天気キャスターを務めていたテレビ西日本の小野彩香キャスターの3人が「いつもはテレビですが、今日はこの場で生で対決したいと思います!」と話し観客全員とジャンケン対決。優勝者には特製めざましグッズがプレゼントされた。


最後は、本日のメインアーティストで地元福岡出身の家入レオが大きな拍手に迎えられて登場し、『ずっと、ふたりで』からライブをスタートさせた。その艶やかな歌声は太宰府天満宮に来場したお客さんの心の中に一瞬にして染み渡った。「福岡の皆さん、今日は楽しんでいきましょう!」という掛け声とともに2曲目は大原櫻子藤原さくらとコラボレーションし配信限定でリリースされた『恋のはじまり』。1曲目とはガラッと異なる軽やかでラブリーな恋愛ソングでオーディエンスの耳に爽やかな思い出を刻んだ。そして、「こんにちわ、家入レオです!地元福岡に帰ってきましたー!」と挨拶し、「私、雨のライブも珍しいし、平成最後の夏もぎりぎり滑り込みということで、一生忘れられないライブになりそうだなと思います!私はみんなの顔を見ながら送るライブが好きです」とメッセージを送り、次の『君に届け』をより素直により純粋に心に響く名曲として披露しながら、夏の終盤にピッタリで壮大なラブソング『君がくれた夏』では切なく感動的な一面を見せるなど、彼女のバリエーションの多さを楽しめる贅沢なステージを届けた。

「こういう神聖な場所で歌わせて頂くことができて本当に嬉しいです。みんなの笑顔が本当に心にすとんと入ってきています。これからのゾーンは一人一人に届くように。」と話し、『Silly』『Bless You』『Shine』『Hello』『サブリナ』など代表曲5曲を立て続けに披露した。今回は太宰府天満宮でのライブということで、ギター、ピアノ、パーカッションというアコースティックな編成だったが、その魂とも言える声と類稀なる表現力とその存在感で家入レオ家入レオたる由縁を魅せる素晴らしいパフォーマンスだった。本編ラストの曲はフジテレビ系月9ドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」の主題歌『もし君を許せたら』を華麗に歌い上げステージを後にしたが、アンコールの掛け声で、再び家入レオがステージに登場。


最後の最後は「めざましテレビ」の25周年企画「日本つながるプロジェクト」第二弾応援ソング『僕たちの未来』を披露した。日本全国隅々まで感動を届けようということで企画している本イベントの趣旨通り、感動と希望で太宰府天満宮を抱きしめた。このライブの模様は9月4日(火)の「めざましテレビ」にて放送予定。


次回の「めざましライブ~日本お元気キャラバン」は鳥取・米子コンベンションセンターと京都・北野天満宮での開催が決定している。

この記事の画像一覧