ONE CHANCE ”a-nation2018”で初の大舞台、大いに盛り上げる

音楽 公開日:2018/08/30 5
この記事を
クリップ

7月24日、女性ダンス&ボーカルグループ市場に彗星のように現れた『ONE CHANCE』。彼女たちにとって初めてとなる大舞台でのライブが、8月26日(日)のa-nation2018の東京公演のオープニングアクトという形で行われた。

前日の8月25日(土)には、同じ東京会場内にあるコミュニティエリアでパフォーマンスを披露。この日のステージは観覧無料ということもあり、初めて彼女たちを見た人たちも多く、『ONE CHANCE』のメンバーのTwitterアカウントにはファンからの翌日のオープニングアクト出演への応援コメントに混ざって、『ONE CHANCE』を初めて見た人たちからの感想も多数寄せられていた。




炎天下の中、会場である味の素スタジアムへ集まった多くのファンの前で熱いライブを展開した『ONE CHANCE』。今回のライブは【a-nationメガミックス】と銘打って約10分のノンストップ構成で楽曲がセレクトされており、『ステイハングリー、ステイフーリッシュ』(オリジナル)〜TRF『EZ DO DANCE』〜『GIRL NEXT DOOR/Infinity』〜『殴られてもいい』(オリジナル)〜『ステイハングリー、ステイフーリッシュ』で構成。中でもYouTubeで7月23日に公開し話題となっている『ステイハングリー、ステイフーリッシュ』『殴られてもいい』、さらにTRFのヒットシングル『EZDO DANCE』を披露した際ににはひときわ大きな歓声があがっていた。

このライブを会場やdTV & dTVチャンネルの配信などで見た多くのファンからは「dtvで見たよバキバキ踊る姿カッコ良かった」「本当カッコいい!ずっとこの路線でやっていって欲しい」「暑い中、笑顔でパフォーマンスを魅せてくれてありがと」「来年はオープニングじゃなくてふつうに出れますように!また早くONE CHANCE見たいよ〜!!」「ONE CHANCEのライブがやっと見れた」「たくさんの人にONE CHANCE知ってほしい」「本ステージでのオープニングアクト、たくさんのヒトに見てもらえたんちゃうかな?」「どんな景色やったんやろ!!!忘れられん眺めやったやろ」と、たくさんの称賛コメントが寄せられ、同時に『ONE CHANCE』始動の喜びのコメントも寄せられていた。

様々な経歴を乗り越え、夢のステージ立つことができた才能・個性に溢れる10名で構成された女性ダンス&ボーカルグループ『ONE CHANCE』。大舞台『a-nation』でのライブで、彼女たちの歌唱力の高さ、ダンスレベルの高さが多くの人たちに知られることになったが、次はどんなニュースが?どんな展開が??無限の可能性を秘めた10人組『ONE CHANCE』。これからも目が離せない。


ONE CHANCE メンバー〜

森瑠菜

清水涼子

久冨愛莉

熊代珠琳

平野沙羅

小栗かこ

一岡杏奈

武内杏樹

羽田聡里

西田ひらり

この記事の画像一覧

関連タグ