MISIA星空ライヴ、”ぎぼむす”主題歌 生歌に感動の嵐

音楽 公開日:2018/08/26 16
この記事を
クリップ

主要配信チャートで連日1位を記録し、7冠を達成という驚異のヒットを見せつけているMISIAデビュー20周年第1弾シングル『アイノカタチ feat.HIDE(GReeeeN)』がついに発売となった週末。山梨県・河口湖ステラシアターにてMISIAデビュー20周年を記念した全国ホールツアー「20th Anniversary MISIA 星空のライヴⅩ Life is going on and on」が開催された。

 会場には新曲のパフォーマンスを一目見ようと大勢のファンが会場いっぱいに集まり、開場前から入り口ゲートには行列ができる大反響ぶり。”MISIAの生歌を聴きたい”という猛暑にも負けない熱気が会場をつつみ込んでいた。




 当日初お披露目となったのは、和田アキ子デビュー50周年を記念した「アッコがおまかせ ~和田アキ子50周年記念トリビュート・アルバム~」に収録されている『もう一度ふたりで歌いたい』。作詞を阿久悠、作曲を森田公一が手掛けた名曲のMISIAによる渾身のパフォーマンスに、観客は音の粒に身をまかせるように体を揺らしながら、聴き入っていた。

 8/22(水)に発売になったばかりの新曲は、夜空に星が浮かんだツアータイトルにふさわしいLIVEのラストで披露。「では、最後にこの歌を聴いてください」とMISIAが話しだすと、観客は思わず拍手をし歓声をあげ、曲の合間には立ちあがる観客の姿も。TBS系 火曜ドラマ「義母と娘のブルース」の主題歌として起用され、MISIA×GReeeeNという前代未聞のコラボレーションと話題をさらっただけではなく、年齢や性別そして世代をこえたMISIA20周年を代表するヒット曲となったことを物語っていた。

最後にMISIAからファンにむけ「大好きだよ!」と伝えると、観客は総立ち!終演後もしばらく鳴りやまない拍手は、まるでファンの”アイノカタチ”を表現しているようだった。

 全国ツアー「20th Anniversary MISIA 星空のライヴⅩ Life is going on and on」は、2019年2月まで続くロングラン公演。ぜひ今話題の新曲『アイノカタチ feat.HIDE(GReeeeN)』の生パフォーマンスを体感してほしい。

この記事の画像一覧 (全 4件)