BiSHの2枚看板 チッチとアイナがソロデビュー

音楽 公開日:2018/08/16 10
この記事を
クリップ

メジャー3rdシングル『PAiNT it BLACK』ではオリコン週間シングルチャート1位を獲得、ニューシングル発売日に突然のゲリラシングル『NON TiE-UP』リリース、全国大型フェスへの出演ラッシュ等、勢いの止まらない“楽器を持たないパンクバンド”BiSH。

そんなBiSHから、2枚看板とも言えるセントチヒロ・チッチ、アイナ・ジ・エンドがソロデビューする事が決定。本日BiSHが生出演した日本テレビ系「ZIP!」にて情報解禁、BiSHオフィシャルTwitterとYouTubeにてソロデビュー決定特報動画が公開された。

今回のソロデビューは、昨年末にコンピレーションアルバム『WACK & SCRAMBLES WORKS』にリリースに伴い開催されたWACK総選挙1位2位獲得者はエイベックスからソロデビュー企画を受けて、1位獲得のチッチ、2位獲得のアイナがソロデビューする事が決定していた。




チッチは、GOING STEADY / 銀杏BOYZの名曲『夜王子と月の姫』のカバー、アイナは初めて自身で作詞、作曲を手がけた『きえないで』を、BiSH結成以降全てのサウンドプロデュースを手がけてきた松隈ケンタではなく、外部アーティストとのコラボレーションで制作を行っており、コラボレーション相手はまだ暫くは非公開だという。

本日公開された特報動画では、それぞれのレコーディング風景やMusic Video、アートワークの1部分も使用されているのでチェックしてみてはいかがだろうか。

この記事の画像一覧 (全 4件)