「FNSうたの夏まつり」での歌唱が話題の石橋陽彩、生放送で圧巻の歌声を披露

音楽 公開日:2018/08/01 47
この記事を
クリップ

7月25日に放送されたフジテレビ系の大型音楽特番「FNSうたの夏まつり2018」にてディズニーソングメドレーのトリを務め、番組後もその歌声にSNSでは絶賛の嵐で超話題となった石橋陽彩(ひいろ)がノンストップ!に生出演し、『リメンバー・ミー』を生歌唱。




歌唱中、ノンストップ!メンバーは聴き入っていた様子で感心しきりの眼差しだった。歌唱後、MCの設楽統(バナナマン)は「上手だし澄んだ綺麗な声。すごかった。感動しますね!」と大絶賛。そして「すごく緊張しました。」という石橋陽彩のコメントに設楽は「本当に!?」と13歳と思えぬその堂々とした歌う姿に驚くほど圧巻の歌唱を披露した。

 そして水曜レギュラーゲストの坂下千里子は「本当に素敵な歌。産みたかったくらい!」とまたまた大絶賛。その後、石橋陽彩が11歳の時の歌唱映像が流れ、その映像をみた兵動大樹は「まだ歌詞の内容を体験していない年齢なのに、そこまでこっちに響かせるのはすごい!」と感心しきりだった。

 番組内のせきららボイスやSNSでも、生歌唱中もその歌声に「五輪の開会式で歌ってほしい」「癒しの歌声が聴けて耳が幸せすぎた」「透き通る歌声に心が洗われました」と絶賛コメントが飛び交った。

 今後の成長が楽しみな石橋陽彩だが、その可能性を感じた設楽は「今後もどんどん歌に込められるものが増えていくから楽しみ。有名になっても忘れないでね。」とコメントし思わず石橋陽彩も笑いがこぼれた。そして坂下は「応援しているからね!」とコメントし、「ありがとうございます。」と答えた。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)