志尊淳主演「走れ!T校バスケット部」GReeeeN新曲が主題歌に決定

音楽 公開日:2018/07/09 49
この記事を
クリップ

実話に基づいた同名小説を実写化、汗と涙の直球青春スポーツ映画「走れ!T校バスケット部」が今年11月3日(土)に公開される。監督は、映画「今日、恋をはじめます」、「クローバー」、そして夏に公開を控える「青夏 きみに恋した30日」等、数々の青春恋愛映画を生み出してきた古澤健。脚本は、この春、斬新な設定で話題沸騰となった土曜ナイトドラマ「おっさんずラブ」の徳尾浩司。弱小バスケットチームの成長を通し、高校生の悩みや葛藤、仲間との絆、家族の想いを丁寧に描いた、胸アツ青春映画がこの秋、誕生する!




主人公の田所陽一を演じるのは、トランスジェンダーの女性、地球侵略のためアイドルを目指すことになった宇宙人、そして放送中のNHK連続テレビ小説「半分、青い。」ではゲイ役のボクテを好演し、幅広い役柄をこなし、演技派として注目を集める志尊淳。先日ORICON NEWSが発表した「2018上半期ブレイク俳優(男優)ランキング」にて見事、首位にも輝き、今一番注目されている若手俳優だ。

さらにT校バスケット部のキャプテン・矢嶋俊介役に佐野勇斗、マネージャー・佐藤浩子役に早見あかり、その他のメンバーに、戸塚純貴佐藤寛太鈴木勝大、西銘駿、阿見201。チームを温かく見つめる大人達にYOU椎名桔平、真飛聖、竹中直人と、人気急上昇中の若手俳優からお笑い芸人、そして、ベテラン勢が脇を固め、バラエティ豊かな役者陣が揃った。さらに先日、志尊と「帝一の國」でも共演した竹内涼真千葉雄大の友情出演も発表され、ますます盛り上がりを見せている。

そしてこの度、本作の主題歌アーティストにGReeeeNが決定した!今まで、興行収入85.5憶円を記録した「ROOKIES -卒業-」の主題歌をはじめ、高校野球・高校サッカーと数々の大会テーマソングや応援ソングに選ばれ、“青春×スポーツと言えば、GReeeeN!”と言っても過言ではない青春応援歌の請負人が、高校バスケットを題材にした、まさに直球青春スポーツ映画である本作の主題歌を担当、今回の“キセキのコラボレーション”が実現した。

まだ作品が完成前だったため、製作陣から原作小説やプロットなどを提供、主人公の葛藤と成長、仲間との関係性を熱く伝え、その思いをGReeeeNが汲み取る形で、新曲『贈る言葉』をこの映画のために書き下ろした。「これからみんなへ贈る言葉 沢山の『涙』『笑顔』を誇れよ」「僕ららしく明日を迎えに さあ いざいこう」 という歌詞にもあるように、T校チームの応援歌として、そして、その先の彼らの物語をも感じられる卒業ソングとなっており、映画をより一層盛り上げてくれるものとなっている。主題歌の解禁と同時に解禁となる、新しい特報映像にもご注目いただきたい。笑って泣けて熱くなる、奇跡の痛快青春エンターテイメント、T校バスケット部がGReeeeNの主題歌と共にいよいよスクリーンに向けて走り出す。

1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 4件)