TRF・ピコ太郎がフランスJAPAN EXPOに登場、盆踊りが世界的なムーブメントに

音楽 公開日:2018/07/08 50
この記事を
クリップ

2018年7月5日~7月8日にフランス・パリにて開催されているJAPAN EXPOにTRFが名誉ゲストとして、ピコ太郎がスペシャルゲストとして登場し、JAPAN EXPOのステージでLIVEを実施した。

JAPAN EXPOは、日本で流行している「アニメ」、「漫画」、「ゲーム」、「アイドル」、「着物、和」、「アイドル、アーティスト」等コンテンツを一同に介し、ヨーロッパへその文化を波及させようというイベント。





TRFはデビュー25周年の節目となる年に、JAPAN EXPOとしては初となる“名誉ゲスト”として参加し、『PPAP』で世界を席巻しているピコ太郎は”世界的アーティスト“SPゲストとして参加した。TRFはグループとしては初となるフランスのLIVEで、 日本を代表するレジェンドグループと主催者側から招待された。大勢の現地ファンが集まるKARASUステージで、『EZ DO DANCE』や『BOY MEETS GIRL』など代表曲8曲を披露し、会場を大いに盛り上げた。LIVE終了後は現地ファンがCDを持って「サインをもらうにはどうすればいいのか」と興奮気味に話していた。

今年でデビュー25周年を迎えるTRFのリーダーDJ KOOは「25周年いろんな方に出会えてここまで来れたと思っています。さらにみんなで元気に頑張っていきたいと思います!」とコメントした。

また、DJ KOOはTOKYO BONとしても別のステージに出演。世界的な盆踊りムーブメントを巻き起こしている「TOKYO BON 2020」。すでにYoutubeの再生回数は1億回を突破。今年、25周年を迎えるTRFの名曲『BOY MEETS GIRL』の盆ダンスリミックスとミュージックビデオの共同制作を進めており、DJ KOO × Namewee × 孝藤右近によるライブパフォーマンスを行った。

日本文化への興味を喚起し、更なるインバウンドの活性化、東京五輪の機運醸成を目指している。

ピコ太郎は世界的ビッグスペシャルゲストとしてJAPAN EXPOに参戦。LIVE前に訪れた凱旋門では姿を表わすなり、一気に約100人程のファンに囲まれ「パイナップル」コールが巻き起こった。JAPAN EXPOのLIVEステージでもその盛況ぶりは健在。『PPAP』『I Like OJ 』と立て続けに披露すると、会場は大合唱の大盛り上がりとなった。最後の曲では『PPAP JAPAN EXPO ver.』を披露。「I have a フラン, I have a ス フランス, I have a ジャ, I have a ポン ジャポン フランス、ジャポーン Uh ベストフレンド」最後の締めは「ジュヴゼーム(=I love you)」と最後まで歓声が途切れることはなかった。海外からのオファーは途切れないピコ太郎。引き続き、その活躍が楽しみだ。

日本を代表するアーティストであるTRFピコ太郎。これからも快進撃は止まらない

この記事の画像一覧 (全 5件)