[ALEXANDROS] “新たにデビューした気分”と語る映画「BLEACH」主題歌MV解禁

音楽 公開日:2018/07/04 53
この記事を
クリップ

8月16日に千葉・ZOZOマリンスタジアムにてワンマンライブ「VIP PARTY 2018」を開催、そして秋にはアルバムも発表、そして冬からは史上最大規模となるロングツアー決定と、ますます勢いを増す[ALEXANDROS]が、7月18日に発売するニューシングル『Mosquito Bite』のミュージックビデオを解禁した。

「週刊少年ジャンプ」で2001年から連載を開始し、全74巻で全世界シリーズ累計発行部数1億2,000万部を誇る人気コミックの実写化となる映画「BLEACH」の主題歌となる今作は、ニューヨークで、制作された楽曲というこことで、MVについてもバンドとして初となる全編アメリカで撮影された。




ロサンゼルス在住でKorn、Stone Sour、Issues等、数多くのロックアーティストのミュージックビデオを手掛けるRyan Valdez(ライアン・バルデス)監督を迎え、楽曲が持つ混沌さと力強いエネルギーに焦点を当て、メンバーの頭の中からそれらを引き出すというコンセプトで、全編自由自在に動く8Kカメラで収録した斬新かつスタイリッシュな映像となっている。

撮影を終えて、ライアン・バルデス監督は、「[ALEXANDROS]と一緒に仕事ができて光栄に思うし、彼らの音楽には真の才能と率直さを感じる。撮影は本当に楽しかったよ。[ALEXANDROS]がセットで発揮していたエネルギーは最高!このミュージックビデオで、彼らのマインドと文字通り頭の中を見せることができたんじゃないかな。」 とコメントしている。

アメリカの現地スタッフと一緒に作り上げた撮影現場では、メンバーそれぞれが英語で監督やスタッフと積極的にコミュニケーションをとり、とても和やかに、そして熱意あふれる撮影が行われた。川上洋平(Vo.&Gt.)が、「最高なロックソングが完成しました。また新たにデビューした気分です」とコメントしているとおり、今年の[ALEXANDROS]イヤーを象徴する楽曲ということで、ぜひチェックしてほしい。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 12件)

関連タグ