なぜ今頃?倖田來未『め組のひと』がチャート急上昇

音楽 公開日:2018/06/28 54
この記事を
クリップ

倖田來未のカバーした『め組のひと』が配信チャートを急上昇、話題になっている。

実はこの曲、倖田來未がカバーして発表したのは8年も前の話。2010年にリリースされた『ETERNITY~Love & Songs~』というカバーアルバムの中の一曲であった。倖田來未の飾らない性格が、まさに「いなせ」な楽曲との世界観がマッチし、瞬く間にファンの間では定番の一曲として浸透していった。自身のコンサートツアーでも同楽曲を頻繁に歌唱しており、つい先日ファイナルを迎えたファンクラブツアーでも、毎会場披露し大変な盛り上がりを見せていた。

それがなぜ今頃?と疑問を持つが、答えは最近10代の若者を中心に絶大な人気を誇る「TikTok」という動画ソーシャルアプリにあった。この倖田が歌う『め組のひと』を早回しした曲で、オリジナルの振付を真似る動画が投稿され、楽曲のキャッチーさと早回しのコミカルさが相まって人気に火が付いた。いまや若者だけでなく、狩野英孝や倖田來未公認ものまね芸人のやしろ優なども「TikTok」に「め組~」動画を投稿している。

倖田本人はこの「め組~」騒動を聞きつけ、前述のファンクラブツアーで披露した『め組のひと』を自身のインスタグラムで公開したことなどもあって、配信チャートが急上昇した模様である。




そんな中、倖田來未の16枚目のニューアルバム『DNA』が8月22日に発売される。このアルバムは「DNA」いうタイトル通り、倖田來未の今までのすべて、そしてこれからの未来を感じられる作品になっている。そしてこのアルバムを引っ提げてのツアーが9月14日福岡サンパレスを皮切りにスタートする。

関連タグ

関連記事