藤田恵名 注目の新曲MVが海外映画祭から問い合わせ殺到、映画化決定

音楽 公開日:2018/06/25 67
この記事を
クリップ

先日、『言えない事は歌の中』MV検閲済ver.と未検閲ver.を解禁し、キングレコード公式サイト1週間で、15万視聴回数を超えまだまだ、その再生回数は伸び続け、全世界から注目を浴びている藤田恵名

このMVが、トロント映画祭、シッチェス・ファンタスティック映画祭、サウス・バイ・サウスウエストなど海外映画祭から問い合わせ殺到中だ。その勢いさながらに、MVの世界観をふくらませて映画化することが決まった。

タイトルは、「WELCOME TO JAPAN」。女性殺し屋と日本の食文化を描いた作品となっている。異色とも思えるこの組み合わせに、藤田恵名が体当たりで挑んだ。




藤田恵名が演じる女性殺し屋は、弁当箱で不良外国人たちを殺しまくる。殺し屋という役柄の為、MVでも披露している激しいアクションシーンで、多くの痣を作ったが、痣の数だけ凄味のある彼女の新たな一面を見れることになる。更に、殺しと食がテーマとなっているこの作品を観終わった後、日本のお弁当が食べたいと感じることにもなりそうだ。

監督には、世界的クリエイティブの祭典SXSW(サウス・バイ・サウスウエスト)で2017年日本映画で唯一上映された「蠱毒ミートボールマシン」の西村喜廣が担当。

藤田恵名の座右の銘は、「群れるな、勝ち取れ!」。その言葉通り、彼女の“核”、または“芯”の部分が剥き出しとなり、ステージとスクリーンで世界を魅了する日がきた。今いちばん”脱げる”シンガーソングライターとして、2018年ロックとエロスをまき散らす藤田恵名から目が離せない。

この記事の画像一覧 (全 6件)

関連タグ