竹内まりや デビュー40周年を記念し、貴重なライブ映像を初映画化

音楽 公開日:2018/06/21 55
この記事を
クリップ

2018年11月25日にデビュー40周年を迎える、シンガーソングライター竹内まりや

デビュー当時から数多くのヒットに恵まれ華々しい活躍をするも、山下達郎との結婚を機にいったんは休業を決意。その後、活動の軸足を変え、作詞家・作曲家として河合奈保子、薬師丸ひろ子、中山美穂、中森明菜などの女性アイドルや人気シンガーに楽曲を提供、数々のヒット曲を出してきた。




2000年、結婚以来、実に18年ぶりにファンの前に姿を現した竹内は、「TOKYO FM/fm osaka 開局30周年記念コンサート」と銘打った、日本武道館、大阪城ホールでのライブに出演した。そのライブの様子は、同年11月に「souvenir~Mariya Takeuchi Live~」というタイトルで竹内まりや唯一のライブ・アルバムとしてリリースされ、ファンの間では長く伝説のライブとして語り継がれてきた。以来、多くのファンから映像の公開が待ち望まれていたものの、これまではそのごく一部を垣間見ることができるのみであった。

2018年、竹内まりやデビュー40周年の記念の年を迎えるにあたり、これまでライブ音源で知るしかなかった18年ぶり伝説のライブ「souvenir」、さらには2010年の「souvenir again」、2014年、33年ぶりの全国ツアーとして大きな話題となった「souvenir2014」という、いずれもチケット入手が極めて困難であったライブの映像からベストシーンの初映画化が決定。メディアにはほとんど登場しない竹内まりやの貴重なライブ映像+αを堪能できる、まさにファン待望・垂涎の内容となることは間違いない。

また、この映画の発表を機に、今回の映画のために行ったロケで撮影した、最新アーティスト写真も初公開された。映画「souvenir the movie ~ Mariya Takeuchi Theater Live~」の公開は、竹内まりや40th Anniversary year のスタートを華やかに飾ることとなるだろう。

関連タグ