「涙が止まらない」DEEN 三人体制最後のライヴ映像に大反響

音楽 公開日:2018/06/20 75
この記事を
クリップ
}/

DEENが3月10日に開催した25周年記念の日本武道館ライヴを収録した映像商品、「DEEN at BUDOKAN FOREVER ~25th Anniversary~」が、本日リリースとなった。

この日の日本武道館公演は25年のDEENの歴史をそのままに感じてもらいたいというメンバーの想いから、全てリリース当時のアレンジで40曲披露され、終演後に映像化が発表されると予約が殺到するほど感動を巻き起こした一夜となった。




6月13日に公開された『このまま君だけを奪い去りたい』のライヴ映像は1日10,000回のペースで再生数を伸ばし、その後も毎日一曲ずつライヴ映像が公開されるごとに、「初めて聞いたあの頃のままで思い出がよみがえり感動した。」や、「この映像が三人の最後のステージだと思うと涙が止まらない。」など、SNSを中心に大きな反響を呼んでいる。

また、公開されたばかりの最新ライヴ映像『夢であるように』は、PlayStation2「テイルズ オブ デスティニー」テーマソングとして知られ、ファンの間でも非常に人気の高い一曲。

ギタリスト田川伸治の脱退を前に、三人体制でのラストステージとなった武道館ライヴは、25年分のヒット曲を網羅し感動と熱気に包まれた、まさに伝説の一夜と呼べるもの。本日発売となったBlu-ray&DVDには、この日披露された40曲が全曲ノーカットで収録されるほか、三人体制のラストメッセージとも言えるMCもノーカット、更に撮り下ろしの特典映像も収録したまさに永久保存盤。Blu-rayにはライヴCD2枚と100ページの写真集が付いた豪華盤。

90年代を過ごした世代には、誰もが一度は口ずさんだことのある名曲の数々。25周年という大きな節目を迎え、池森秀一、山根公路、田川伸治の三人が最後に魅せた、魂のこもったライヴ映像をご覧頂きたい。更に7月18日には、こちらも三人体制最後となる最新のVIDEO CLIP集『THE GREATEST CLIPS 2014-2017』の発売も決定している。

この記事の画像一覧

関連タグ