AAA宇野実彩子、初始球式で”超AAA魔球”披露!?

音楽 公開日:2018/06/09 52
この記事を
クリップ

大きく振りかぶった投球ホームから繰り出された魔球は、ワンバウンド!?

8日、AAA宇野実彩子が、東京ドームで行われたプロ野球交流戦、巨人―西武戦の始球式に“初登板”。いつもはボーカルで魅了するドームの観客を、魔球!?で沸かせた。

始球式が行われたのは、読売巨人軍が主催する女性ファンサービスイベント「ジャイアンツ・ガールズナイト」。宇野がファッションページを務める女性ファッション誌「CanCam」との初コラボ企画で、試合には、CanCam読者100人を無料招待。グラウンドでの記念撮影や宇野さん着用の女性用レプリカユニホームのプレゼントなど、さまざまなファンサービスが行われた。




この日に備えて、ツアーの合間を見つけて投球練習をしてきたという宇野さんは、実はほとんど野球経験なし。それでも本番では、ワンバウンドながらきれいにキャッチャーが構えるストライクゾーンに。投球を終えた宇野さんは、「とても緊張したけど、楽しかった。素敵なユニフォームを着
られて、ジャイアンツの一員になれた気分です。投球自体は(点数をつけるとしたら)60点ぐらいかな」。

宇野は7月18日、2ndシングル『Summer Mermaid』をリリース。8月29日にはニューアルバム『COLOR ALIFE』をリリースし、9月2日から、ここ東京ドームを皮切りに全国4都市ドームツアーが予定されている。観客32万人を動員した昨年のドームツアーから2年連続。この日の東京ドーム
の感想を宇野は、「戦う場所という感じ。やっぱりライブ時とは全く雰囲気が違いますね」。

CanCam読者とのコラボとあって、オーロラビジョンには、「CanCam」と「ガールズナイト」のロゴが映し出され、いつもよりも黄色い歓声は200%アップ。ガールズ一色になった。