安室奈美恵 最後のファッション誌撮影に密着、美容やライフスタイルについて語る

音楽 公開日:2018/05/29 52
この記事を
クリップ
}/

Huluの「Documentary of Namie Amuro “Finally”」エピソード8では、ファイナルツアーの合間を縫って行われたファッション誌の撮影とインタビュー取材に密着した貴重な映像をお届けする。





ファッションシーンでも絶大な支持を受けている安室奈美恵は、これまで数多くのファッション誌の表紙を飾ってきた。これまでお世話になった多くのファッション誌への恩返しとして、表紙の撮影やインタビューなど、できる限りの取材を受けている。

今回はその中から「andGIRL」「Numero TOKYO」「InRed」「steady.」の撮影現場に密着。ファッションアイコンとしても注目され続けている安室奈美恵の最新のスタイルがたくさん登場する。また、これから発売になる雑誌の記事で紹介予定のインタビューの様子も、一足先にご紹介する。

「andGIRL」
飾り過ぎず、カッコイイも可愛いも出るようにというコンセプトでコーディネートされた、白Tシャツにジーンズというシンプルな衣装で撮影。撮影後のインタビューでは、「どんな30代を過ごしてきたのか?」がテーマに。

「30代は20代よりも自由度が増して、とても楽しかったです。困難な事があっても楽しさの方が勝っていました。上手く時間も使えるようになって、息子が一緒に旅行できる年齢になり、よく旅行にも出かけました。ギリシャサントリーニ島がのんびりしていてお気に入り。」30代は最高だった、と笑う安室、取材の最後では、「長年お世話になりました。」と丁寧に挨拶をし会場を後にした。

1/2ページ

この記事の画像一覧

関連タグ