aiko 新曲『ストロー』に込められた温かエピソード

音楽 公開日:2018/05/02 69
この記事を
クリップ
}/

5月2日、aiko38枚目のシングル『ストロー』が発売となった。

本作の表題曲『ストロー』はTBS系「王様のブランチ」のテーマソングとして、aikoらしいポップな曲調で話題を呼んでいる。「君にいいことがあるように」というフレーズが何度も繰り返され、一度聴くと頭の中でリフレインされるサビが印象的な今作は、aikoが家で実際に使っているストローがきっかけとなってできたのだという。




「お家に色んな色のストローがあったのですが、それでジュースを飲む時にいつもおみくじみたいに適当に掴んで引いてたんです。ストローの色で「今日は良い日」「普通」とかやってたんですけど、赤色のストローを引いた時なんだか嬉しくて「小さいけどなんか前向きになれる嬉しい事が好きな人にたくさん起こったらいいな」と思って作りました。」と楽曲に寄せた思いを語っている。また、本日より表題曲『ストロー』がiTunesなど主要音楽配信サイトにて、配信がスタートしているので、お見逃しなく。

そして、同じく本日5月2日(水)発売の「音楽と人」にaikoの撮り下ろし写真や、本作『ストロー』、さらに20周年イヤーに関する想いが語られたインタビューが10Pに渡り掲載されている。こちらも是非チェックしよう。

この記事の画像一覧

関連タグ