宇多田ヒカル 新CMで急遽生まれた歌詞を口ずさむ

音楽 公開日:2018/04/19 68
この記事を
クリップ

今年デビュー20周年を迎える宇多田ヒカル。アルバムのリリースや、国内ツアーもこの後に控える中、2018年第一弾の配信楽曲『Play A Love Song』を4月25日(水)にリリースすることを発表した。本楽曲の一部は「サントリー 南アルプススパークリング」 新TV-CMにのって、4月24日(火) より全国の各メディアにおいてオンエアされる。




前作『大空で抱きしめて』、前々作『道』でタイアップした際のサントリー天然水のTV-CM時には、CM撮影のために登山を敢行したが、今回はなんと雪山での撮影。商品が炭酸水ということで新たに、「サントリー 南アルプススパークリング」のボトルにも描かれているような、雪山や一面に広がる大雪原という大自然を舞台に、炭酸水のもつキリッとする刺激感・心地よい爽快感などを大自然に重ね、心象風景を描きながら撮影が進んだ。

今回のCM撮影では、元々撮影時点で楽曲の歌詞が完成していないタイミングだった。そのため歌を口ずさむシーンはメロディーをハミングする演出方法で、撮影二日目にそのシーンを撮影し終えた。しかし、撮影最終日となった三日目の終盤で宇多田からリクエストが。それは、「昨晩歌詞が一部出来たので、その部分だけもう一度撮影させて欲しい」、というもの。突然の申し出にその場にいた全員が驚いた。そして「長い冬が終わる瞬間~。」という歌詞を口ずさんだ宇多田。生まれたての歌詞を聞けた瞬間に立ち会えたという感動とともに、どのような歌詞が出来上がっていくのか一層期待感が高まった一同だった。

宇多田ヒカルはオフィシャルインタビューにて「歌詞がまだ断片的にしかなかった中、撮影中に『長い冬が終わる瞬間』という言葉が出てきました。撮影現場が極寒の地だったからこそ、その先にある、長い冬が終わる瞬間に思いを馳せられました。前作『Fantome』が緊張感のあるアルバムだったので、次のアルバムが生命力や解放感に向いていることにもつながったように思います。」とコメント。

なお、本楽曲の全貌が公開されるのは4月25日(水)の配信日からとなっている。それまでCMを楽しみながら待ちたい。



※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 5件)