「空飛ぶタイヤ」渾身の予告映像解禁、主題歌はサザン3年ぶりの新曲

音楽 公開日:2018/04/18 63
この記事を
クリップ

累計170万部を突破した池井戸潤の小説「空飛ぶタイヤ」が映画化し6月15日(金)に公開される。

主演に長瀬智也を迎え、共演にディーン・フジオカ高橋一生深田恭子、岸部一徳、笹野高史らオールスターキャストが集結。「下町ロケット」「半沢直樹」「陸王」など、これまで数多くドラマ化され、社会現象を巻き起こしてきた池井戸作品が、満を持しての初の映画化。今年最も期待されている日本映画の1本だ。

そんな注目の本作の主題歌が、サザンオールスターズによる待望の新曲『闘う戦士(もの)たちへ愛を込めて』に決定した。




サザンの新曲『闘う戦士たちへ愛を込めて』は、2015年に発表されたアルバム『葡萄』以来、約3年ぶりとなる新曲。「社会」で闘う人たちを描いた映画の世界観と地続きの、過酷な現代社会を切り抜いた桑田佳祐にしか書けない痛烈な歌詞と、それをポップスに昇華するサザンオールスターズの真髄が際立つ、“サザン”ד空飛ぶタイヤ”の化学反応により生まれた書き下ろし楽曲だ。

今回の主題歌をオファーするにあたり、松竹の矢島孝プロデューサーは“二面性、いや多面性のあるドラマに乗る曲はサザンオールスターズしかないと思った”と熱烈に語る。池井戸作品ならではの痛快なエンディングをさらに盛り上げ、まさに『闘う戦士たちへ愛を込めて』という曲のタイトル通り、映画を離れたところでも「矛盾を感じつつ、ストレスを抱えながら」も社会で働く、すべての“闘う戦士たち”への讃歌とも言える楽曲が誕生した。

『闘う戦士(もの)たちへ愛を込めて』は、映画の公開と同様6月15日から配信リリースされることも決定。配信リリースに先駆けて、全歌詞がサザンオールスターズ公式サイトで公開されている。

そしてさらに、主題歌『闘う戦士たちへ愛を込めて』をいち早く聴くことが出来る渾身の最新予告映像が完成、本日公開となった。解禁した予告映像では度重なる悲劇に追いつめられる赤松社長(長瀬)が「最後まで闘う」と覚悟を決めた強い表情が収録されている。また、長瀬ほかディーン・フジオカ高橋一生ら豪華キャスト陣がそれぞれの正義に立ち向かっていく様子を鼓舞するように主題歌がかかり、本編への期待が一層高まるものとなっている。タイトルでもあり、予告編の最後に力強く鳴り響く「闘う戦士たちへ愛を込めて」という歌詞は、まさに赤松社長をはじめ、社会で闘うすべての者たちへのメッセージであると言えるだろう。

主題歌を聞いた主演の長瀬智也、池井戸潤先生、矢島孝P、本木克英監督からも熱いコメントが到着。

長瀬智也 コメント>
社会で、日々戦っている汗臭さみたいなものを感じました。そして、頑張れと言われているような気持ちにもなりました。感謝と感激です。

<池井戸潤 コメント>
サザンオールスターズは、学生時代から僕のアイドルでした。40周年という記念すべき年に桑田さんに主題歌を書いていただけるとは、とても光栄です。次回コンサートには必ず駆け付けます!

<矢島孝プロデューサー コメント>
二面性、いや多面性のあるドラマに乗る曲はサザンオールスターズしかないと思いました!「生きていくのはしんどいけれど、捨てたもんじゃないぜ!」と背中を押してくれる素敵な曲をありがとうございます!

<本木克英監督 コメント>
映画の内容を繊細に鋭く捉えた歌詞、深刻な本質をからりと奏でるオリジナリティ溢れた曲に鳥肌が立ちました。長く熱狂し、敬愛してきたサザンオールスターズの原点を感じる主題歌にただただ感激いたしました。デビュー40周年を目前に控え盛り上がりを見せているサザンオールスターズのさらなる新情報をお楽しみにしていただきたい!


(C)2018映画「空飛ぶタイヤ」製作委員会

この記事の画像一覧 (全 2件)