ポルノグラフィティ 新曲MVに吉田沙保里&オカダ・カズチカ出演

音楽 公開日:2018/03/22 64
この記事を
クリップ

ポルノグラフィティが本日3月21日に46枚目のシングル『カメレオン・レンズ』をリリースする。その初回生産限定盤に収録されている『Working men blues』のVideo Clip short ver.が本日解禁となった。





『Working men blues』は、作詞を新藤晴一(G)、作曲を岡野昭仁(Vo)が担当。働くことの悲哀、働く人の矜持を表現した楽曲となっており、Video Clipには警備員、保育士、自転車屋、ダンサーなど様々な職種の方が出演し、それぞれの人たちがそれぞれの日々を懸命に生きている姿が心に響く映像となっている。

そしてスペシャルゲストにはなんとレスリングの吉田沙保里と新日本プロレスのオカダ・カズチカが出演!2人が真剣な表情で日々に立ち向かっている姿に共感する人も多いだろう。今作は社会で働いている多くの人たちの背中を押すような作品となるに違いない。

3/21リリースのシングル『カメレオン・レンズ』の初回生産限定盤には『カメレオン・レンズ』のVideo Clipも収録されている。ショートバージョンは、Official YouTube Channelにて公開されており、色気満載の映像が話題となっている。

また現在、今年11月から32箇所39公演を廻る、全国ホールツアーの真っ最中。約2年ぶりの全国ツアーともに、新曲『カメレオン・レンズ』も話題になることは間違いないだろう。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)