井上苑子、150校から選ばれた卒業式にサプライズ登場

音楽 公開日:2018/03/18 86
この記事を
クリップ

人気シンガーソングライター井上苑子が、今年1月から2月上旬にかけて実施していたキャンペーンの当選学校の卒業式にサプライズで登場した。

このキャンペーンは井上苑子も愛用しているサンスター文具から発売しているペンポーチ「DELDE」の協力を得て実施。150校以上の小学校から大学、専門学校や短大などからの応募の中から、江戸川大学総合福祉専門学校が選ばれた。





学校側は例年通りの卒業式で進行し、最後の挨拶が終わると、司会から「おそらくみんなもよく聴いているアーティストの方がお祝いに駆け付けてくれました」とアナウンスされ、卒業生が騒ぎ出している中、井上苑子が登場すると、大きな歓声と共に拍手で迎えいれられた。

井上苑子は現在放送中の恋愛観察バラエティー「あいのり:Asian Journey」の主題歌『せかいでいちばん』を弾き語りで披露。更に「自分に大きな影響を与えてくれた1曲です」という紹介で槇原敬之さんのカバー曲『どんなときも。』を続けて歌唱する。途中、卒業生たちの涙を見て感動した井上苑子も一瞬つられるような場面もありながら、笑顔で幕を閉じた。

最後に、井上苑子から卒業祝いということで、自信も愛用しているペンポーチ「DELDE」を卒業生全員にプレゼントし、記念撮影をして終了した。

なお井上苑子は4月21日から東名阪ツアーも行うので、是非このタイミングでライブに参加してみてはいかがだろうか。

※本記事は掲載時点の情報です。

関連タグ