w-inds. デビュー記念日にFCイベント実施、野外音楽フェスの開催を発表

音楽 公開日:2018/03/15 84
この記事を
クリップ

3人組ダンスボーカルユニットw-inds.が、​昨日、3月14日(水)に中野サンプラザにて「w-inds. FAN CLUB LIVE TOUR 2018 〜ESCORT〜」を行った。この日はデビュー記念日でもあり、18年目のスタート、そして40枚目のシングル『Dirty Talk』の発売日となり、新曲含む15曲を披露した。





アンコールの途中、突然『ハッピーバースデー』の歌が流れ、弟分のLeadが花束とケーキを持って登場するサプライズもあり、会場の2000人のファンと一緒に17周年をお祝いした。

更に、​今度はMC中メンバーより、7月7日にグループ名を冠した、 お台場で約1万人規模の野外音楽フェス「​w-inds.フェス​​」​の開催を発表し、会場は大歓声となった。

「w-inds.フェス」について、慶太は「歌とダンスというパフォーマンスを17年続けてきて世代を越えたエンターテインメントを作ってみたいと思い音楽フェスを企画しました。このフェスを機にたくさんの世代の方々に歌って踊るというエンターテインメントをお届けできたらと思います。」と話した。涼平は 「今回w-inds.にとって新しい試みとして音楽フェスを開催することにしました。歌や踊り、音楽を愛するたくさんのアーティストの方々と一緒に新しい音楽のかたちをお客さんとともに共有できる空間を作れたらと思っております。」、更に龍一は「僕たちダンスボーカルグループがパフォーマンスでき新しいフィールドに立てる事も嬉しいです。またその瞬間を他のアーティストたちと共有でき、最高な思い出ができることを楽しみにしております。」と意気込みを語った。

次々と新しいことに挑戦するw-inds.に今後も注目してほしい。

■■ 17周年を迎えたメンバーからのコメント
・デビュー17周年を迎えることができました。僕たちがこうやって歌い続けられるのも支えてくださっているファンの皆様、スタッフの方々のおかげです。これからも精進して参りますので応援よろしくお願いします。
橘慶太

・有難い事に今年もこの日を迎える事が出来ました。いつも支えてくださっているファンの皆様、スタッフの皆様への感謝を忘れずに18年目も自分達らしさを大切に新しい作品を届けていきたいと思っております。
千葉涼平

・17年間多くの方々に支えられてここまでこれました事を深く感謝致します。18年目、まだまだ爆進していきます!
緒方龍一

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 6件)