access 25周年を映像で振り返る記念BOXの全容明らかに

音楽 公開日:2018/02/28 86
この記事を
クリップ

1992年のデビューから25年目となった2017年をアニバーサリーイヤーとして活動したプロデューサー・浅倉大介とヴォーカル・貴水博之のユニットaccess。

全国ツアーと記念ライブの開催、5年振りとなるオリジナルアルバム、ベストアルバムのリリースなどなど節目の年らしく、より積極的に活動した。そんな2017年を映像で振り返る25周年記念BOXの全容が明らかとなった。

完全生産限定商品として3/28に発売となるこの作品は、デビュー記念日の11/26に舞浜アンフィシアターで行われた「SYNC LIVE 1126」のライブから21曲、4月から9月にかけて行われたツアー「ELECTRIC NIGHT 2017」の新木場スタジオコースト公演、9,10月に行われた東名阪ホールツアー「double decades + half」の中野サンプラザ公演からそれぞれ14曲ずつ、計267分のライブを収録。もちろん、記念商品として相応しい豪華BOXと80ページの写真ブックレットが付いた充実の仕様である。





舞浜の記念ライブでは、すり鉢状のローマ型ステージに、生ストリングやアナログシンセを持ち込み、記念日ならではの豪華なステージを。新木場でのライブは、クラブのような会場の臨場感とマッシュアップされたサウンド、そして中野サンプラザでのライブは、慣れ親しんだ会場でのファンとaccessの2人との一体感を。特徴のある3つのライブを、それぞれ存分に堪能できる充実の内容になっている。

BOXの発売1週前には昨年末12/20にリリースされたオリジナルアルバム『Heart Mining』のハイレゾ配信スタート、3/31からは全国12公演のツアー「access ELECTRIC NIGHT 2018 」をスタートさせるなど、30年目を見据え、さらにパワフルに動く彼らに今後も要注目だ。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)

関連タグ