三浦大知、人生のターニングポイントとは?川田裕美が迫る

音楽 公開日:2018/02/27 74
この記事を
クリップ

川田裕美がパーソナリティをつとめる「Orico presents FIELD OF DREAMS」(TOKYO FM・毎週土曜日12:30~12:55 JFN38局ネット・曜日・時間違い)では3月3日・10日(土)の2週にわたって三浦大知を迎える。

昨年末初出場した紅白歌合戦で無音シンクロダンスを披露、その超絶パフォーマンスが世代を超えて知られるようになった三浦大知の、人生のターニングポイントとは?パーソナリティの川田裕美が迫る。





第1のターニングポイントは中学1年のときに変声期を迎えたことによりFolderの活動を休止をしたこと。「先週出てたキーが今週は出ない。なんとかアルバムは録りきったのですが、変声期に無理をして歌うと喉を潰す危険性があったので、これから先歌っていくのであれば一旦休もう、となりました。これから(将来)歌うために休ませてくれるんだ、と思ったら愛を感じて嬉しかった覚えがあります」活動休止中の部活動を中心とした学校生活についても。「活動休止中に学校行事に出られて、普通の学校生活もできて、ワクワクしました」

さらに、人生第2のターニングポイントや影響を受けた人たちについて語る。3月3日・10日(土)の放送を、どうぞお楽しみに。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)

関連タグ