家入レオ "経緯が似ている"高木美帆選手とのエピソード披露

音楽 公開日:2018/02/22 65
この記事を
クリップ
}/

今月2月15日にデビュー7年目に突入した家入レオ

そんな家入が『ずっと、ふたりで』(日本テレビ日曜ドラマ「愛してたって、秘密はある。」主題歌)、『Relax』(「はじめてのClova WAVE 家入レオ(音楽)篇」CMソング/TBS系テレビ「CDTV」12月・1月度オープニングテーマ)、大原櫻子・藤原さくらとのコラボ楽曲『恋のはじまり』のソロ・バージョンなどを含む約1年7か月ぶり、5枚目となるオリジナルアルバム『TIME』のリリース日となる2月21日に、その発売を記念してスペシャルフリーイベントを東京・ゲートシティ大崎にて開催、集まった約1,500人を魅了した。





イベントスタート前から多くのファンで賑わいを見せる中、18時半をまわるとステージに家入が登場。
「こんばんはー家入レオです!!本当にこの日を迎えることができてすごく嬉しく思います。その嬉しい気持ちを皆さんと少しでも共有したいと思いまして、今日はこのフリーイベントを開催しているんですけど、360度たくさんの人が!ありがたい!平日にも関わらず今日は本当にこうやって足を運んでくれてありがとう!この嬉しさをこれから歌う曲に乗せて届けたいと思います。恋するワクワクした気持ちを閉じ込めました。聴いて下さい、『恋のはじまり』」と、家入レオ×大原櫻子×藤原さくら名義で配信限定にてリリースした『恋のはじまり』のソロ・リアレンジバージョンを披露すると会場は大きな手拍子に包まれた。「実はこの曲、同じレコード会社の藤原さくらちゃん、大原櫻子ちゃんと一緒に3人で歌っていて、一人で歌ったバージョンをこのアルバム『TIME』に収録しているので是非聴いてほしいなと思います。」と話した。

その後、「そして、今日平昌オリンピックでパシュートの試合が始まりますけど、皆さんはオリンピック見てますか?そのパシュートに出てる高木美帆選手、みほちゃんなんですがお姉ちゃんの菜那さんと一緒に2016年のWEのツアーの北海道公演に遊びに来てくれていて。」と、(イベント後)スピードスケート 女子チームパシュートで金メダルを獲得した高木美帆選手とのエピソードを披露。「みほちゃんは私と同じ23歳で、15歳でオリンピックに出場されていて、私も15の時に東京行きの話が出たので、色んな経緯が似ているなというか。一人の女性としても尊敬していて、私も今日ばっちり応援したいなと!」と、エールを送っていた。

そして、「平昌オリンピックも盛り上がりつつ、家入レオのアルバムもこうやって皆さんに届けることができて嬉しいなと思います。今日アルバムをリリースするにあたり、みんなに少しでも想いを伝えたいと思っていてブログを書いてたんです。一人のアーティストとしても、女性としても、人間としても色んなことを経て、色んな歌が作れて、バラエティに富んだ一枚になったんじゃないかと思います。」

「1年7か月前に手元にあったものとか人とかが今はなかったり、逆にそのとき出会ってなかった人たちにいま出会えてたり、今日こうやってみんなと一緒の空間で過ごしているけど、これも本当に当たり前じゃないんだなと思ったんです。ちゃんと一緒にいる時に好きって伝えたり、ありがとうって伝えることってすごく尊いなと思って。だから改めて今日は本当に忙しい中、学校とかお仕事とかある中、たまたま家入レオが歌ってた!とかでもいいんです、出会えたことが嬉しいなと思います、ありがとう!今日この場にいる人みんなに届くように最後この曲を歌いたいと思います。みんなというより、来てくれた一人ひとり、君であり、あなたであり、想いを届けたいと思います。聴いて下さい、『ずっとふたりで』」と話すと、先日放送されたテレビ朝日系「ミュージックステーション」でピアニスト清塚信也氏とのコラボが話題となった『ずっと、ふたりで』を披露。切なくも優しく情感たっぷりに歌い上げ、会場全体が家入の歌唱力に酔いしれる中、大盛況のうちにイベントは終了した。

撮影:田中聖太郎

この記事の画像一覧

関連タグ