DISH// 新曲リリース日に500名限定のプレミアムイベント開催

音楽 公開日:2018/02/21 71
この記事を
クリップ

5人組ダンスロックバンド・DISH//が、2月21日(水)にテレビ東京系アニメ「銀魂 銀ノ魂篇」のオープニング曲に起用されたニューシングル『勝手にMY SOUL』をリリースし、都内某所にて発売記念イベントを開催した。





この500人限定のプレミアムライブには、なんと7000人の応募が。その狭き門を通過したファンらに矢部昌暉は開口一番「今年の運全部使い切っちゃったんじゃないの?」と笑いを誘った。

また、2017年公開の映画「君の膵臓をたべたい」に主演し、第41回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞したメインヴォーカルの北村匠海には、会場だけでなくメンバーからも口々に「身近な人から日本アカデミー賞受賞者が出るとは思ってなかった」「自慢できる」と祝福の声が寄せられた。

そして今回発表の『勝手にMY SOUL』に関しては全員が意気込み十分で「前へ前へという魂が込められている」「銀魂の初回放送みて鳥肌立ちました」「もう感動的」とその言葉の端々から渾身の逸品であることが伝わってくる。更にカップリング曲『どういうことなんだい?』の話題になると、珍しく「聴く度にいい曲になっていく」と真面目に回答してしまった小林龍二が、思いのほか照れてしまい耳を赤らめるというハプニングも。しかし、演奏になると彼らのトークスキルや可愛らしい仕草は一変する。ゴリゴリにハードでありながらも、すんなりと脳内に入ってくる心地の良い楽曲で圧倒してくれるのだ。

特に圧巻の盛り上がりとなった『勝手にMY SOUL』のクオリティは凄まじく、激しさとキャッチーさを絶妙なバランスに保ちながら、音楽性豊かに歌詞や世界観まで楽しませてくれる。人気アニメ「銀魂」主題歌に抜擢されたのも納得の一曲。このスケールはCDやアニメだけでなく、是非ライブで堪能して頂きたい。

©空知英秋/集英社・テレビ東京・電通・BNP・アニプレックス

この記事の画像一覧 (全 14件)

関連タグ