菅田将暉、AL特典映像 ”北九州再訪”で音楽の原点を探る

音楽 公開日:2018/02/19 82
この記事を
クリップ

2018年3月21日リリースの菅田将暉Debut Album『PLAY』初回生産限定盤の特典DVDに収録される映像の詳細が発表された。

映像のタイトルは『5年後の茜色の夕日』。

2012年に撮影され2013年に公開された映画『共喰い』のロケ地である、菅田将暉にとって想い出深い北九州・門司を約5年ぶりに再訪するというドキュメント映像となっており、今作のため2017年12月に撮影を敢行した。





菅田将暉は『共喰い』の撮影時にフジファブリックの『茜色の夕日』という曲を繰り返し聴いたことが、音楽に興味を持つきっかけとなっており、自身の原点のひとつでもある土地を今回再び訪れることになった。懐かしい人たちとの再会や、Debut Albumにカバーして収録した『茜色の夕日』への想いなどが菅田将暉自身から語られる貴重な映像作品に仕上がっている。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 4件)

関連タグ