松任谷由実 真冬の雪山で灼熱のカーニバル、冬恒例コンサート大盛況で終了

音楽 公開日:2018/02/19 65
この記事を
クリップ

2017年2月2日から2月16日にかけて全8公演、苗場プリンスホテル ブリザーディウム にて「松任谷由実 SURF&SNOW in Naeba Vol.38」が行われた。10thアルバム『SURF&SNOW』の翌年、1981年からスタートした、毎年恒例のこのリゾート・コンサートは、今年2018年で38回目。スタート当時も現在も、通常はアリーナや大ホールで行われる松任谷由実のコンサートを、1,250人のキャパシティで体験することが出来るこの貴重な場には、毎年、激戦を勝ち抜きチケットを入手できたファンが各地から集結する。





今年は4年ぶりとなる、センター・ステージでの公演。ターンテーブルのように回転し、曲によって高さが変化するリフター機能が備わる円形ステージの外周下にバンドメンバーがぐるりと立ち、3ブロックに分かれた客席がそれを囲む形で、ステージの上にダンサーとユーミンが立ち、曲によってコーラス3人もステージに上がるというフォーメーション。ステージからは四方に花道が伸びており、そのスペースを使ってのパフォーマンスも行われ、会場内にはダンサー用のお立ち台も設置され、他に類をみない会場の設定になっている。今年のテーマは“カーニバル”。ダンサーとメンバーの衣裳も、曲のアレンジも、ステージ・セットも照明もそのコンセプトで統一されている。音楽に合わせて色が変化しながら点滅するLEDライト・フリフラを観客全員が手首に着け、つまり観客もライブ空間の演出に参加するという、“カーニバル”ならではの初の試みも導入された。

開場時から男性ダンサーTAKAYUKIがパフォーマンスをしていたステージがいきなり暗転、バンドメンバーとサンバの衣装のダンサー4人が四方の花道から登場。『September Blue Moon』のイントロが始まるや、マタドール風のピンクのジャケットに身を包んだユーミンがステージへ。ホールを大歓声が包みライブが始まる。同曲を歌い終わると「38回目の苗場へようこそ! 今回はカーニバルだよ! 最後まで倒れないように付いて来てね!」と挨拶をする。

『私なしでも』『110°F』とノンストップで駆け抜け、ステージに腰を下ろして『曇り空』をしっとりと聴かせる。続く5曲目『Blue Rain Blue』では、ステージ上で早着替えを披露。曲終わりでダンサーが左右からポンチョ風の衣装をひっぱると、さらにゴールドのドレスに衣裳が替り、観客がドッと湧く。
「ここからは、ちょっとしっとり昔の曲をお送りしたいと思います」という言葉に、オーディエンスみんな一旦着席。「最近はほとんどやったことがないこの曲から」という紹介で始まった『地中海の感傷』、そして『あの日にかえりたい』『ずっとそばに』を、じっくりと聴き入る。『あの日にかえりたい』では、1コーラスごとに大きな拍手が場内を包む。
『ずっとそばに』の後半でいったんステージを下り、ハットに白のシャツという上品なリゾートスタイルを思わせる衣装に替り登場し、『雪だより』を披露。オリジナルよりもテンポが速く明るいアレンジで披露した。

続いてはリクエスト・コーナー。客席から希望者に手を挙げてもらってユーミンに選ばれたお客さんがステージに上がり、その曲を選んだ理由やエピソードを訊き、音楽監督でありキーボードの武部聡志の演奏でリスクエストに応えるという、苗場ならではの恒例のコーナー。ユーミンの温かくもウィットに富んだトークと、リクエスト曲を目の前で向き合って、自分のためにユーミンが歌ってくれるという特別な出来事を、会場の全員が共有するというスペシャルなコーナーでは、幸運なお客さん3人の、それぞれの思い出の曲3曲が演奏された。

「さあ、ここからはノンストップで行きますよ! 今回はサンバですから。こんなアレンジでやるのは最初で最後ですから。じゃあ最初はゆっくり行きますから、付いて来てくださいね!」
という言葉から『灼けたアイドル』へ。次の『真冬のサーファー』の軽やかなリズムにつられてみんな立ち上がり、『稲妻の少女』ではコーラス3人もステージに上がる。
メンバー紹介とTAKAYUKIのダンス・パフォーマンスをはさんで、いよいよ終盤戦、サンバ・アレンジで生まれ変わった曲たちをノンストップで連打していくブロックに突入。『恋の一時間は孤独の千年』『DOWN TOWN BOY』『守ってあげたい』『恋人がサンタクロース』といった、国民的大ヒット曲の数々が、まったく新しいバージョンで演奏され、オーディエンスを驚喜に導いて行く。ラストはサンバ・バージョンの「DESTINY」で会場の温度がピークを迎え、本編がしめくくられた。

一回目のアンコールは、いっそうラテン・テイストを強めた『真夏の夜の夢』と、この『SURF&SNOW』の象徴とも言える『BLIZZARD』の2曲。客席もステージも、本編終了時以上に何かが高まっていく空気。曲が終わり、メンバー全員ステージ上にあがりオーディエンスへ向かって、全員で手を繋ぎ挨拶。ステージを下りるも、鳴り止まない手拍子と歓声に応えて、武部聡志とユーミンがふたりで戻って来る。「カーニバルって、やっぱり終わったあとはせつなさが来ますね。遠くへ行ってしまった人たちを、逆に思い出したり。でも、今こうして会えている大事な人を、もっと大切にしようっていう明るい気持ちになります。今回のカーニバルを楽しんでもらえたら、そしてアンコールが来たら、お贈りしたかった曲を歌います」
と、最後に「ふたりのパイレーツ」がプレゼントされ、すべてが終了した。

リゾートライブという、アフタースキーのお楽しみということから始まったこのコンサート。ステージ演出、衣装とも、アリーナ規模で行っても申し分ない内容を、真冬の雪山で楽しんでもらうというプレミアムなショーを続けているユーミン。そのエンターテイメントへの気迫を改めて感じる内容だった。

2018年のユーミンは、デビュー45周年を記念したベストアルバム『ユーミンからの、恋のうた』を4月11日にリリースすることが、すでにアナウンスされている。また、9月からは、ユーミン史上初のベスト選曲による全国ツアー「松任谷由実ベストアルバムツアー45年分の、恋のうた。」がスタートする。
2018年のユーミンはこの苗場公演からはじまり、2006年以来16年ぶりとなるアリーナツアーへ挑んでゆく。

写真:HAJIME KAMIIISAKA

この記事の画像一覧 (全 6件)

関連タグ