仲里依紗が“サレ妻”演じるドラマ主題歌はポルノグラフィティ

音楽 公開日:2018/01/17 56
この記事を
クリップ

ポルノグラフィティが1月26日からスタートするテレビ朝日系金曜ナイトドラマ「ホリデイラブ」の主題歌を担当することが決まった。今作はポルノグラフィティがドラマのために書き下ろした新曲となる。





タイトルは『カメレオン・レンズ』で、ポルノグラフィティにとっては久々のミディアムナンバー。同じ景色を見ているようで違う色に見えてしまう男女のすれ違いを新藤晴一らしい言葉選びで表現している。ゲストコーラスにはSkoop On Somebody が参加し、アダルトな世界観をいっそう引き立てている。

ドラマの原作は1000万ダウンロードを突破したDeNAの人気マンガアプリ「マンガボックス」にて300万人以上の閲覧者数、さらには紙・電子累計で40万部を超える販売数を誇る「ホリデイラブ~夫婦間恋愛~」。その大人気コミックがついに実写化される。

これまでは“道ならぬ恋=甘美で切ない純愛”として描かれることが多かった不倫ドラマだが、本作では夫に浮気される側の正妻を主人公に据え、 “夫婦サイドの純愛”にフォーカス。不倫という“日常に潜む罠”をサスペンスフルに描写しながら、“正妻と夫婦愛の正義”、そして、試練の末に“本当の意味でのパートナー”として成長していく夫婦の純愛物語が描かれている。

主人公には実力派女優・仲里依紗。 さらに、塚本高史、中村倫也、壇蜜、平岡祐太ら演技派キャストも大集結。
ポルノグラフィティの楽曲も使われている「ホリデイラブ」PR動画も、ドラマ公式HPにて本日公開された。

「ホリデイラブ」のストーリーとポルノの楽曲がどのような化学変化を起こすか楽しみである。
ドラマ「ホリデイラブ」は1月26日(金)よりスタート。

仲里依紗 コメント>
歌詞のひとつひとつの言葉がドラマの世界観にぴったりで、心に響きました。
人と人がうまくやっていくためには、もしかしたらカメレオンにならなければいけないのかな。
そんなことを考えました。
ドラマと歌詞を照らし合わせながら、この素敵な主題歌をたくさん聴いて、ドラマもお楽しみいただけたら嬉しいです。

ポルノグラフィティ コメント>
ドラマのプロデューサーの方からドラマの構想を聴かせて頂いて、
「人は見たいものしか見ようとしない」というカエサルの言葉を思い出しました。
この言葉通りなら、すぐ隣にいる人と手を繋いでも、肩を寄せ合っていても、
全く違うものをみていることにもなるわけですが、恋愛では当たり前のことなんでしょうか。
そのようなことを考えながら、楽曲制作に取り掛かりました。

 

この記事の画像一覧 (全 2件)