東京女子流「まさかこんな日が来るとは!」 前代未聞の全曲ライブへ

音楽 公開日:2017/12/12 82
この記事を
クリップ

12月11日、Mt.RAINIER HALL 渋谷PLEASURE PLEASUREにて開催された、東京女子流「復刻版!定期ライブ」のアンコールのMCで2018年2月18日にマイナビBLITZ赤坂にて全曲ライブを実施することが発表された。



東京女子流は2010年にデビューしてから7年に渡り約70曲をリリースしており、その全曲をフルコーラスで1日で演奏するのはダンス&ボーカルグループにおいては初の試みではないだろうか。

ライブ終演後、リーダーの庄司芽生は「今はまさかこんな日が来るとは!という気持ちでいっぱいです。約70曲の1曲1曲にたくさんの思い出が詰まっているので、大切な曲たちに自分たちの想いを乗せて歴史に残るようなライブができたらいいなと思ってます!私たちも全力で向かっていきますので、1人でも多くの人とその時間を過ごせることを楽しみにしています!」とコメント。

アーティスト宣言撤回、原点回帰を宣言してから「もう一度武道館に行く」と決意したメンバーの今後を楽しみにしたい。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 3件)

関連タグ