黒羽麻璃央、主演映画撮影中に予想外の号泣「殴られたみたいにダウン」

映画・舞台 公開日:2023/01/24 1
この記事を
クリップ

『余命10年』の藤井道人がプロデュースを務める映画『生きててごめんなさい』(2月3日公開)の完成披露上映会が23日都内で行われ、主演の黒羽麻璃央、共演の穂志もえか、山口健人監督、藤井道人プロデューサーが参加した。


黒羽は、ヒットメーカー・藤井の推薦で主演に抜擢されたことを紹介されると「メチャメチャ嬉しいこと。今の言葉を大きめの字で書いてほしいですね!」と喜色満面で報道陣にアピール。藤井から「ダメ元でオファーをしたら快諾していただけた」と言われると、黒羽はかつて藤井と映画作りの約束をしていたことを明かし「その約束をついに実現できるチャンスだった」と喜びを噛みしめていた。




小説家を目指す園田修一(黒羽)と不器用な同棲相手の清川莉奈(穂志)の悲しき恋愛の末路を描く。


シーン撮影の本番後に、黒羽はとあるシーンで予想外の号泣をしたという。山口監督から「カットがかかったら膝から崩れ落ちて号泣していた」と回想されると、黒羽も「殴られたみたいにダウンしました。自分でもそんな風になるとは思わなかった」とまさかの反応に驚いていた。


一方、穂志は撮影中に号泣しながら黒羽の背中に抱きついたらしい。穂志は「相手が黒羽さんだから出来たこと。黒羽さんならば許してくれるだろうと“ウウ~!”といかせてもらった。黒羽さんはずっと優しい」と黒羽に感謝し、当の黒羽は「光栄で御座います」と共に熱演を讃えていた。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 17件)

KEYWORD

注目のキーワード

TREND

トレンド

PRESENT

読者プレゼント