藤ヶ谷太輔、渾身の号泣演技に称賛の声続出『そして僕は途方に暮れる』場面写真が解禁

映画・舞台 公開日:2023/01/21 1
この記事を
クリップ

2018年にシアターコクーンで上演され、各所から絶賛を浴びたオリジナルの舞台を、脚本・監督・三浦大輔×主演・藤ヶ谷太輔が再タッグを組み映画化が実現した話題作『そして僕は途方に暮れる』が、1月13日(金)より、全国公開となった。このたび、藤ヶ谷太輔が全身全霊で演じ切り話題となっている、主人公・菅原裕一が号泣する姿を写した場面写真が解禁された。


【関連】藤ヶ谷太輔、「笑える」「クズ過ぎる」と大人気の『そして僕は途方に暮れる』本編映像解禁



本作は、平凡な1人のフリーターが、ほんの些細なことから、あらゆる人間関係を断ち切っていく、逃避劇。逃げて、逃げて、逃げ続けたその先で、彼を待ち受けていたものとは――。


脚本・監督を務めるのは、『愛の渦』『娼年』など、毎回賛否が渦巻く衝撃作を世に送り出し、各界から注目を集め続けている異才・三浦大輔。主人公・菅原裕一を演じたのは、Kis-My-Ft2の藤ヶ谷太輔。ばつが悪くなるとすぐに逃げ出してしまうクズ男っぷりを見事に体現。これまでのイメージを大胆に覆し、俳優として新たな魅力を放つ。さらには、前田敦子中尾明慶豊川悦司原田美枝子香里奈毎熊克哉野村周平ら、それぞれ個性的で魅力溢れるキャスト陣が集結。映画のエンディングでは、1984年に大ヒットを記録した大澤誉志幸の伝説の楽曲『そして僕は途方に暮れる』を大澤本人が本作のための新アレンジで歌唱、この物語の余韻を心に刻む。


このたび解禁となったのは、主演・藤ヶ谷太輔の今まで見せた事のないほど全身全霊で演じ切った、主人公の菅原裕一が号泣する場面写真。恋人、親友、先輩、後輩、姉、母、から逃げた裕一は最後についに父親とも言い合いになり居すわっていたアパートを飛び出す。久々に実家に戻ると、姉・香(香里奈)から「皆に言う事あるでしょ」と一喝された裕一は、逃げ続けてしまったことに初めて向き合い、裕一は号泣。「今、俺変わろうとしてます。なんか、ごめんなさい。なんかでしかないんですけど、なんか俺頑張ろうとは思ってます」と謝罪する表情が切り取られている。実はこのシーンの藤ヶ谷の演技は、監督が当初考えていた狙いとはやや違っており、他のシーン同様かなりな数のテイクを重ねていたが、藤ヶ谷の完全に裕一が乗り移ったかのような感情が溢れ出す真に迫った演技に心動かされた三浦監督が当初のニュアンスを変えてワンテイク目を使用したそう。


そんな藤ヶ谷演じる菅原裕一のダメっぷりにSNSの感想では「完璧なクズ男になりきっていた」、「凄まじい名演技」、「クズ男に泣かされた」、「あのどうしようもないクズ男は藤ヶ谷くんしか演じられない」と称賛と共にここまでやるとはと驚きの声が集まっている。更に、本作に対しても「裕一の弱さは自分にもある弱さだ」、「理由に共感できる部分があって人間臭さがあってとても良かった」、「出来事に身に覚えありすぎてずっと見入ってた」と裕一に共感する反応も続出。「今年初映画から年間ベスト10入りは間違いないであろう作品にぶち当たるなんてなんたる僥倖。今年、面白くなってきたじゃねーか」「優しい気持ちでは終わらせてもらえない感じが、すごくいい」「心に長く残る作品」「人生は物語であり映画なんだということで傑作」「最後まで没入、驚愕なラストも見逃せない」とSNS上でも絶賛の渦が巻き起こっている。


一件落着に思えた裕一の逃避劇はここからまさかまさかの展開を迎える…。行きつく先は天国なのか地獄なのか?ラストには「面白くなってきやがったぜ」と言いたくなる予測不能な結末を是非、スクリーンで見届けてみては。


【ストーリー】
自堕落な日々を過ごすフリーターの菅原裕一(藤ヶ谷太輔)は、長年同棲している恋人・里美(前田敦子)と、些細なことで言い合いになり、話し合うことから逃げ、家を飛び出してしまう。その夜から、親友・伸二(中尾明慶)、バイト先の先輩・田村(毎熊克哉)や大学の後輩・加藤(野村周平)、姉・香(香里奈)のもとを渡り歩くが、ばつが悪くなるとその場から逃げ出し、ついには、母・智子(原田美枝子)が1人で暮らす北海道・苫小牧の実家へ辿り着く。だが、母ともなぜか気まずくなり、雪降る街へ。行き場を無くし、途方に暮れる裕一は最果ての地で、思いがけず、かつて家族から逃げていった父・浩二(豊川悦司)と10年ぶりに再会する。「俺の家に来るか?」、父の誘いを受けた裕一は、ついにスマホの電源を切ってすべての人間関係を断つのだが――。



■『そして僕は途方に暮れる』
2023年1月13日(金)TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー
【企画製作・配給】ハピネットファントム・スタジオ

©2022映画『そして僕は途方に暮れる』製作委員会

※本記事は掲載時点の情報です。

KEYWORD

注目のキーワード

TREND

トレンド

PRESENT

読者プレゼント