“スター”木村拓哉&“魔王”織田信長、2人を繋ぐ「孤独」にフォーカスした場面写真が解禁

映画・舞台 公開日:2023/01/20 1
この記事を
クリップ

1月27日(金)に公開の映画『レジェンド&バタフライ』。このたび、今回、織田信長と木村拓哉を繋ぐ、「孤独」というキーワードにフォーカスした場面写真が解禁となった。



東映70周年記念を冠し、日本映画史上最高峰のキャスト・スタッフが集結して製作された映画『レジェンド&バタフライ』。総製作費20億円の壮大なスケールで、誰もが知る日本史上の“レジェンド”織田信長と、謎に包まれたその正室・濃姫(別名“帰蝶”)の知られざる物語を描く感動超大作で、1月27日に公開となる。


主人公・織田信長役を演じるのは木村拓哉。信長の正室・濃姫役を綾瀬はるかが務める。脚本には古沢良太、監督には大友啓史という日本映画界を牽引するスタッフたちが名を連ね、企画発表と同時に大きな話題を呼んだ。共演キャストに宮沢氷魚市川染五郎音尾琢真、斎藤 工、北大路欣也伊藤英明中谷美紀といった名だたる俳優陣も顔を揃え、1月12日にはジャパンプレミアを敢行。鑑賞した人から熱い口コミがあふれ、本作への期待はますます高まっている。


公開を目前に控えた『レジェンド&バタフライ』。今回は劇中の織田信長と、それを演じた木村拓哉、2人の共通点を紐解く。


【関連】木村拓哉が放つ唯一無二の存在感、綾瀬はるかとの現場での様子も明かす


令和の時代にふさわしい作品として新しい信長像を描くために、脚本の古沢良太が重要視したのは信長が背負っている「孤独」であり、その孤独を誰よりも理解していたのが濃姫ということだった。


天下統一を志し、戦いに明け暮れ、“魔王”として恐れられた男・織田信長が他の者には感じさせなかった、トップにいるものにしかわからない「孤独」。この孤独は何十年もの間、芸能界の最前線で活躍し続け、スターとしてトップを走り続けてきた木村拓哉が背負った孤独と重なった。


他の人には到底想像できないほど多くのものを背負い、誰にも理解できない「孤独」が2人にはあるのではないかと古沢はとらえ、織田信長と木村の存在を「孤独」というキーワードで結び付けた。この発想が、本作で描かれる、孤独ゆえに時に弱さすらも見せる「ひとりの人間としての信長」に繋がる。信長が抱える孤独や弱さまでもが描かれる点、そんな信長を誰よりも理解する濃姫の存在、そして2人の生き様が紡ぐ切ない物語が、この作品ならではの、唯一無二の大きな魅力になっている。


木村は、信長が“うつけ者”と呼ばれた16歳から、本能寺の変を迎える49歳まで、33年間の激動の人生を見事に演じきった。信長が常に抱えていたであろう、誰にも見せることのなかった「孤独」という感情を知り、その胸に秘めた想いを知るとき、本作で描かれる信長の更なる魅力に気づき、この物語が描く濃姫とのドラマチックな結末に涙するはずだ。


【STORY】
尾張の織田信長は、格好ばかりで「大うつけ」と呼ばれていた。この男の元に嫁いできたのは、「マムシの娘」と呼ばれる男勝りの美濃の濃姫だった。権威を振りかざし尊大な態度で濃姫を迎える信長と、臆さぬ物言いで信長に対抗する濃姫。敵対する隣国同士の政略結婚という最悪の出会いを果たした二人は、性格も真逆で、お互いを出し抜いて寝首をかこうと一触即発状態、まるで水と油のような関係だった。

そんなある時、強敵・今川義元の大軍が攻めて来る。圧倒的戦力差を前に絶望しかけた信長であったが、彼を奮い立たせたのは、濃姫の言葉であった。二人はともに戦術を練り、激論の末に奇跡的勝利を収める。真っ向から対立していた二人はこの日から次第に強い絆で結ばれ、やがて誰も成し遂げたことのない天下統一へと向かっていくのであった──。




■『レジェンド&バタフライ』
2023年1月27日(金)全国公開

©2023「THE LEGEND & BUTTERFLY」製作委員会


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)

KEYWORD

注目のキーワード

TREND

トレンド

PRESENT

読者プレゼント