山寺宏一&生田絵梨花 奇跡のデュエット、レコーディング風景と本編未解禁映像の特別映像

映画・舞台 公開日:2022/12/09 8
この記事を
クリップ

長く愛されてきた超ロングセラー『かいけつゾロリ』シリーズ。今年で35周年を迎え、その記念すべき劇場版アニメ最新作『映画かいけつゾロリ ラララ♪スターたんじょう』は、本日12月9日(金)より全国公開となる。

愛すべきヒーロー・ゾロリの活躍とスターを目指す女の子・ヒポポの勇気と友情の成長物語を、楽しくて、胸が熱くなる数々の歌にのせてお届けする。


いたずらの天才・ゾロリが天性の歌声をもつ女の子ヒポポと出会い、ちょっとおかしな歌手デビュー大作戦が始まる―。自分にまったく自信がもてず、大きな声で歌えないヒポポを、ゾロリはスターにできるのか。歌があふれる、笑いと感動の物語。


メインキャストには山寺宏一愛河里花子くまいもとこ梶裕貴ほか実力派声優たちが出演。そして、本作のヒロイン・ヒポポの声と歌で、映画・ドラマ・舞台で女優として幅広い活躍をしている生田絵梨花が特別出演し、圧倒的な歌唱力で魅せる。また、人気お笑い芸人・霜降り明星せいやは‟かみなりじじい”、粗品は“がしゃどくろ”を担当している。


この度、劇中歌がふんだんに盛り込まれた音楽エンタテインメントの本作から、山寺宏一演じるゾロリと生田絵梨花演じるヒポポが歌う「オーディションへいこう」ショートVerのMVが解禁。レコーディング風景と本編の映像からなる、エネルギーあふれる特別映像となっている。


先週解禁された「自信満々よ」と同じく、原作者・原ゆたかが作詞、アニメ音楽の大家・田中公平が作曲を手がけた「オーディションへいこう」。田中は、「「オーディションへいこう」は「ゾロリ」「ヒポポ」「妖怪たち」の3者が、それぞれに違うメロディーを歌い、最後にはそれが一つになる、と言う原先生からの複雑な無茶振りを受け、熟考に熟考を重ね、何度ものリテイクの結果出来た楽曲です」と楽曲について語っている。


今回解禁されるショートVerではプロデューサー!?のゾロリとヒポポが夢に向かって気持ちを通わせていくのが表現されている。また、映画本編で流れるフルサイズVerでは妖怪たちも参加して三つの歌が重なっていき、クライマックスを盛り上げる楽曲となっているのでお楽しみに。山寺の力強くリズミカルな歌声と、生田の伸びやかな歌声が、『映画かいけつゾロリ ラララ♪スターたんじょう』でしか実現することのできない奇跡のハーモニーを奏でる。


今回解禁された映像では、「わたしはどうして こんなところにいるの」と悩んでいたヒポポの前に、ゾロリが煌びやかに登場し、目を輝かせるヒポポ。ゾロリは「ひともうけしようと たくらんでいたさ」と、相変わらずのゾロリ節。しかし、ヒポポの歌声とゾロリや妖怪による歌の特訓にこたえようとする姿に「ただ おうえんしたく なっちまうぜ」と心を動かされるゾロリ。果たして、スターは誕生するのか!?このふたりの活躍がますます楽しみになるような映像となっている。


この楽曲が含まれるサウンドトラックは発売中。映画でしか体験できない、ワクワクの大冒険と感動の音楽エンタテインメント『映画かいけつゾロリ ラララ♪スターたんじょう』は、いよいよ本日12月9日(金)より公開。


©︎2022 原ゆたか/ポプラ社,映画かいけつゾロリ製作委員会

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)

KEYWORD

注目のキーワード

TREND

トレンド

PRESENT

読者プレゼント