Kis-My-Ft2 藤ヶ谷太輔の“逃げまくる”姿に共感?反感?場面写真が一挙解禁

映画・舞台 公開日:2022/11/15 2
この記事を
クリップ

2018年にシアターコクーンで上演され、各所から絶賛を浴びたオリジナルの舞台を、脚本・監督・三浦大輔×主演・藤ヶ谷太輔が再タッグを組み映画化が実現した『そして僕は途方に暮れる』が、2023年1月13日(金)より全国公開となる。



この度、藤ヶ谷演じる主人公・菅原裕一を取り巻くキャラクターたちの場面写真が一挙解禁となった。




藤ヶ谷をはじめとし、前田敦子中尾明慶毎熊克哉野村周平香里奈、そして、原田美枝子豊川悦司ら全登場人物を写し出している。裕一は彼らから、何を思い、何から逃げてしまったのか――?



本作は、平凡な1人のフリーターが、ほんの些細なことから、あらゆる人間関係を断ち切っていく、人生を賭けた逃避劇。逃げて、逃げて、逃げ続けたその先で、彼を待ち受けていたものとは――。


脚本・監督を務めるのは、『愛の渦』『娼年』など、毎回賛否が渦巻く衝撃作を世に送り出し、各界から注目を集め続けている異才・三浦大輔。主人公・菅原裕一を演じたのは、Kis-My-Ft2の藤ヶ谷太輔。ばつが悪くなるとすぐに逃げ出してしまうクズ男っぷりを見事に体現。これまでのイメージを大胆に覆し、俳優として新たな魅力を放つ。


【関連】Kis-My-Ft2藤ヶ谷太輔、“クズ”役抜けきらず「アイドル業に支障」


さらには、前田敦子、中尾明慶、豊川悦司、原田美枝子、香里奈、毎熊克哉、野村周平ら、それぞれ個性的で魅力溢れるキャスト陣が集結。映画のエンディングでは、1984年に大ヒットを記録した大澤誉志幸の伝説の楽曲『そして僕は途方に暮れる』を大澤本人が本作のための新アレンジで歌唱、この物語の余韻を心に刻む。


この“人生を賭けた逃避劇”は、まず裕一(藤ヶ谷太輔)が些細なことから、5年間同棲していた彼女・
里美(前田敦子)の元を逃げ出すところから始まる。その後、あらゆるツテを頼って、同郷の幼馴染で親友・今井伸二(中尾明慶)、裕一と同じ居酒屋でバイトする先輩・田村修(毎熊克哉)、映画監督を目指し助監督として働く大学の後輩・加藤勇(野村周平)のもとを順に訪ねるも、次々と逃げ出すはめに。実は、菅原裕一はどこにでもいる平凡なフリーターの男。特にやりたいことや目標もなく、自堕落な日々を過ごしてきたが、特別悪い人間でもない。なぜ彼は“逃避”することになってしまったのか。



そして、行き場を無くした裕一は、ついに家族の元へ。同じく東京に住んでいるそりの合わない姉・香(香里奈)のマンションを訪ねるが、自身のダメっぷりをことごとく指摘され、香の部屋をも飛び出す始末。もう実家しか行くあてがない──。と、裕一は、夜行バス、フェリーと乗り継ぎ、母・智子(原田美枝子)が1人暮らす故郷、北海道・苫小牧へ辿り着く。久々の息子の帰省を嬉しそうに出迎える母。しかし、母は裕一の想像をはるかに超える“ある事情”を抱えていた。さすがの裕一も思わずドン引きし、実家を飛び出してしまう。雪降る中“途方に暮れる”裕一が偶然出会ったのは、10年前に家族から逃げていった父・浩二(豊川悦司)だった…。

恋人、親友、先輩、後輩、そして家族…裕一を取り巻く人々。それぞれの問題を抱える彼らは、逃げ込んできて、逃げ出していく裕一を見て、何を思っていたのか――。人間のリアルな感情を映し出す本作の人間ドラマが垣間見える写真となっている。

スマホの電源を切ったら全部終わり――。
あらゆる人間関係を断ち切って、逃げて、逃げて、逃げまくる逃避劇。共感と反感の連続、予測不能なストーリー、さらにはクライマックスが待ち受ける《現実逃避型》エンタテインメントにご期待いただきたい。



▼関連記事


■『そして僕は途方に暮れる』
2023年1月13日(金)よりTOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー
配給:ハピネットファントム・スタジオ
©2022映画『そして僕は途方に暮れる』製作委員会

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 8件)