山田裕貴、まさかの闇落ち?ダークな一面&新たなフェーズで魅せる新境地

映画・舞台 公開日:2022/11/11 14
この記事を
クリップ

『そこのみにて光輝く』『オーバー・フェンス』などで知られる作家・佐藤泰志が、函館ではなく関東近郊を舞台に描いた短編小説『夜、鳥たちが啼く』(所収「⼤きなハードルと⼩さなハードル」河出⽂庫刊)が映画化。12月9日(金)より、新宿ピカデリー他全国ロードショーとなる。この度、本作で主人公の慎一を演じた山田裕貴の新場面写真が解禁となった。



脚本は同2作を手掛けた高田亮、そして、高田の助監督時代からの盟友であり、近年『アルプススタンドのはしの方』『愛なのに』『女子高生に殺されたい』『ビリーバーズ』などジャンルを問わず話題作を生み出し続け、高い評価を得る鬼才・城定秀夫が監督を務める。


内に秘めた破壊衝動と葛藤する売れない小説家の主人公・慎一を演じるのは『東京リベンジャーズ』『燃えよ剣』『余命10年』など多彩な役柄で観客を魅了し続けてきた実力派俳優・山田裕貴。離婚を機に、息子とともに慎一のもとに身を寄せるヒロイン・裕子を、近年、内田英治監督、タナダユキ監督、紀里谷和明監督、松本優作監督など、気鋭の監督作品への出演が絶えない演技派女優・松本まりかが演じ、他者との深い関わりを避けて生きることを望みながらも、一人では生きていけない、だからこそ人生を照らす仄かな光を見出そうともがく生身の人間の姿を、静謐かつ鮮烈な熱演でスクリーンに焼き付けた。


その他、慎一のかつての恋人・文子役に若手女優・中村ゆりか。裕子の元夫で慎一の職場の先輩・友人でもある邦博には、名バイプレーヤー・カトウシン スケ。オーディションで選ばれた注目の子役・森優理斗や、藤田朋子宇野祥平、 吉田浩太、縄田カノン、加治将樹ら、魅力的な俳優陣が物語を彩っている。この冬話題の、大人が楽しめるラブストーリーが誕生した。

 

そしてこの度、本作で主人公の慎一を演じた山田裕貴の新場面写真が解禁。まさかの闇落ち?ダークな一面で俳優としての新境地を魅せている。


本作で山田が演じる主人公・慎一は、若くして小説家デビューを果たしたものの、それ以降は鳴かず飛ばずで「世間では忘れられた存在」となった小説家。傷つきやすく繊細で、必死に創作活動にしがみつく日々だったが、うまく行かない苛立ちを他人にぶつけ、同棲していた恋人からも愛想をつかされてしまう。一人残された慎一は、取り憑かれたかのように夜な夜な執筆活動を続けることで自分を保とうとするも、鬱屈とした想いを抱えたまま満たされない孤独な時間が続くことで、抑えきれない衝動と葛藤を抱え込み、深い闇を感じさせるようになっていく。


そんな最中、幼い息子のアキラを連れて離婚し、行き場を失っていた裕子(松本まりか)が慎一の元へ引っ越してくることになる。裕子とアキラに自宅を提供し、自身は離れのプレハブで暮らすという、いびつな「半同居」生活。お互いにとって心地よい距離を保ちながら、息子のアキラとともに穏やかな日々を重ね、暗闇に囚われていた慎一の心境にも変化が訪れて行き…。


解禁された場面写真の中には、疑心暗鬼にかられ、元恋人とのトラブルを抱えた慎一が血まみれで泣きじゃくる衝撃的な姿を捉えたものや、ビール瓶を抱えて虚ろな表情で座り込む姿など、闇落ちしたかのようなダークな一面を切り取ったものが到着した。さらに、夜な夜な執筆活動に励む姿や、松本まりか演じる裕子の様子をカーテンの隙間から伺う意味深な姿が映し出されている。



山田は、慎一を演じるにあたり「喜怒哀楽だけじゃなく、間とか表情の機微が重要になる作品だと思っています。芝居の中での感情を逃さず、人が思っていることはひとつだけじゃないという事も踏まえて、細かく丁寧に演じていきたいですね」と明かしており、情報解禁時に明かしたコメントでは、完成した作品を観て、「こんな細やかで、繊細でそして緻密な人間の本当の温度や、間、呼吸、音を感じることができ、「こんなお芝居がやりたかったんだ!!」と何度も叫びました」とこれまでにない、自身の新境地と言える芝居に確かな手応えを感じた様子。


今まさに脂の乗った最旬俳優として、数々の話題作に出演し続ける山田。男気あふれる不良少年から、心に闇を抱えた聖職者、はたまたごく平凡な人の良い若者まで、彼の演技の振れ幅は他に類をみない。本作では、陰のある穏やかさと鋭い暴力性、相反するどうしようもない感情を抱えながらも、なんとか生きていこうともがく生々しい人間の姿を見事に体現し、役者としてこれまでにない新たな領域を切り開いたと言える。俳優・山田裕貴が渾身の芝居で挑んだ新境地をぜひ、スクリーンで確かめて欲しい。



『夜、鳥たちが啼く』

12月9日(金)新宿ピカデリーほか全国公開

製作・配給:クロックワークス

© 2022 クロックワークス

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 5件)

KEYWORD

注目のキーワード

TREND

トレンド

PRESENT

読者プレゼント