伊藤万理華、来春公開の映画『まなみ100%』に出演決定「一視聴者としても楽しみ」

映画・舞台 公開日:2022/11/02 7
この記事を
クリップ

俳優として大躍進中の伊藤万理華が、来春公開となる映画『まなみ100%』に出演決定。主人公“ボク”の先輩で舌癌を発症し入院、亡くなってしまう大変難しい役どころの“瀬尾先輩”を演じる。




映画『まなみ100%』は、平凡さを嫌う自分勝手で変わり者で器械体操部の“ボク”と、普通に生きる同じ部活のまなみちゃんの愛と青春の10年間を描く、新鋭・川北ゆめき監督の初長編映画。川北自身の実話を基に、監督との歳の差29歳のベテラン・いまおかしんじが脚本を担当。川北の前作『満月の夜には思い出して』でも川北とタッグを組んだ大槻美奈が音楽を手がける。


キャストでは『うみべの女の子』の青木柚、『アルプススタンドのはしの方』の中村守里がW主演を務める他、『死刑にいたる病』の宮﨑優、女優は勿論モデルとしても絶大な人気を誇る新谷姫加菊地姫奈、「細かすぎて伝わらないモノマネ」でお馴染みのオラキオ、近年多数の映画やTVドラマに出演している濱正悟など、今後の日本映画界、エンタメ界を担う出演者達が参加、クラウドファンディングで340万を集めるなど注目を集めて来た。


そしてこの度、主人公・ボクの体操部時代の先輩・瀬尾役で伊藤万理華、体操部時代の同期・熊野役で下川恭平、先輩・サトシ役で諏訪珠理らが出演している事も明らかになった。本作の出演に寄せて伊藤は「川北さんの赤裸々な気持ちがこの映画に詰まっていて、瀬尾先輩役を演じるのはとてもプレッシャーでしたが、微力ながらも気持ちを受け止めることができてよかったです。どんな作品になるか一視聴者としても楽しみです。」とコメント。川北監督も伊藤の出演について「僕が脚本から想像していた以上のお芝居で、この映画をより重層的な作品にしてくださいました。」と絶賛と感謝の意を述べた。


『まなみ100%』は、11/20(日)のTAMA CINEMA FORUMでワールドプレミア上映。12/3-12/23にK’s cinema、1/6-1/17にシモキタエキマエシネマK2にて開催される「MOOSIC LAB 2023」でも上映が決定。来春に劇場公開を予定している。


1/2ページ

KEYWORD

注目のキーワード

TREND

トレンド

PRESENT

読者プレゼント