中川大志、吉沢亮に役への不安を連絡するも「相談する相手を間違えた」

映画・舞台 公開日:2022/11/01 10
この記事を
クリップ

吉沢亮中川大志渡邊圭祐福田雄一監督が1日、都内にて開催された映画『ブラックナイトパレード』クリスマス出発式(製作報告会)に出席した。




“良い子のところには、欲しいプレゼントを持った赤いサンタが、悪い子のところには欲しくもないプレゼントを渡しに黒いサンタがやってくる”というサンタクロースにまつわる実在の伝承を基に描かれる、中村光の同名漫画を、福田監督がメガホンを取り、実写映画化。吉沢演じる何をやってもダメな情けない男・日野三春が迷い込んだ、世にも奇妙なサンタのお仕事を描く。

大河ドラマ青天を衝け』での主演ぶりと、今作での主演のギャップを指摘された吉沢は「なんか(出演する作品を)間違えちゃったかもしれない(笑)」とブラックジョーク。オファーを受けた理由を聞かれると、「純粋に福田さんの作品で主演をやらせていただくことがうれしかった」とし、「ブラックなユーモアと、ミステリアスな伏線のかかったドッシリとした物語があって、楽しみでした。見たことのない福田作品が生まれるんじゃないかと思って」とコメントした。


また“DQNのチャラ男”、カイザーこと田中皇帝を演じる中川は、「僕、結構同時進行だったんです。“ブラックナイト”の撮影と“鎌倉殿(の13人)”が。だからコンビニで廃棄弁当を食って、そのまま戦に行く、みたいな流れをやってましたね」と、カイザーが廃棄弁当を食べるシーンと大河ドラマ『鎌倉殿の13人』とのギャップで笑わせた。


中川は「カイザーっていうキャラクターはものすごく原作ファンの方にも愛されているキャラクターで、ものすごくぶっ飛んだキャラクターなので、プレッシャーは相当あった」としつつ、「吉沢さんに連絡して、『次一緒ですね、よろしくお願いします。やばいっすよ。カイザー超プレッシャーですよ。どうしましょう』みたいな感じで相談した」と告白。


続けて「そしたら、吉沢さんが『カイザーに全てかかってるからな』って。すげぇプレッシャーかけられて、相談する相手を間違えた」と苦笑した。



福田監督作品への出演は初めてで、“笑わないイケメン料理長”古平鉄平を演じる渡邊は、笑いどころの多い作品にも関わらず、“笑わない”を貫くことに苦労したそう。渡邊は「いろんなところで笑いどころを作っているんですけど、そこに一切リアクションができないというのは、やっぱりすごくしんどい」と吐露。「本当に福田組に向いてないキャラクターをやらせていただいた」とぶっちゃけていた。


そんな渡邊について吉沢は「本当に彼がかわいそうすぎて(笑)」と笑い、中川も「たまに静止画なのかなって思う」と同調。吉沢は「体の向きとか変えながら必死に耐えようとしている彼がすごい面白かった」と振り返っていた。


サンタクロースにちなんだ「共演者にあげたいプレゼント」という話題では、中川は「1回吉沢くんと一緒に釣りに行ったことがあったんです」と話し出す。そして「釣りに行きたいって言ったものの、(吉沢は)釣れた魚を触れないんですよ」と暴露し、「釣れた魚をつかめるトングみたいな、地味にいらないラインのものをあげたい」と笑うと、吉沢は「ちょうどいいね。そんなにオモシロに振ったわけでもない、すっごい中途半端な嫌なもの」とうなずいていた。


同じ話題で福田監督は、渡邊に「お米を送ってあげたい」と発言。福田監督が「やせすぎなんですよ」と指摘し、「なんか『これ以上太ると膝がダメになるんです』って、お医者さんに言われたらしい」と続けると、渡邊は「はい、医者に『もう10キロ以上あなたの体重が増えたら膝が耐えられない』って言われて」と膝の弱さを打ち明けていた。


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 47件)