中川大志が新たなステージに挑む音楽劇『歌妖曲』日本&台湾でのライブビューイング決定

映画・舞台 公開日:2022/10/31 7
この記事を
クリップ

11月6日(日)より東京公演が開幕する、明治座×東宝×ヴィレッヂの“三銃士企画”第二弾公演・中川大志が主演を務める音楽劇『歌妖曲~中川大志之丞変化~』の《ライブビューイング(生中継)》開催が決定した。2022年11月17日(木)に日本全国の約70館の映画館にて上映され、また、台湾での上映も同時決定。ライブビューイングのチケット(国内分)は、本日10月31日(月)より“チケットぴあ”にて先行販売を開始する。



今作のテーマは、『リチャード三世』×昭和の歌謡界。作・演出を手掛けるのは、舞台に映像と縦横無尽の活躍を見せる倉持裕。数々の作品を手掛けてきた倉持が、今作で初のシェイクスピア作品に挑む。


【関連】中川大志が演じる美貌の歌手・桜木輝彦、歌手デビュー決定 MV解禁


主演は、今作が本格的な舞台に初挑戦で初座長を務める中川大志。醜い風貌と不遇な宿命を背負い、大衆芸能・歌謡界で悪逆の限りを尽くす主人公「鳴尾定」が、美貌の歌手「桜木輝彦」となり歌謡界を席巻するも、破滅の道へ突き進む、昭和歌謡版リチャード三世を縦横無尽に演じる。


タイトルに自身の名が入っている通り、中川へ当て書きされた今作。『LIFE!~人生に捧げるコント~』で中川を知り尽くした倉持、そして「“三銃士企画”の趣旨であるスペクタクルやケレン味にハマる俳優として、これまでに見たことのないスーパーキャラクターを演じられると確信している」と語る《三銃士》の期待を背負い、新たなステージに挑む。


共演には、鳴尾家に怨恨を抱くレコード会社の女社長・蘭丸杏役に松井玲奈、鳴尾家の長男で期待の新人歌手・鳴尾利生役に福本雄樹、裏社会でのし上がるために後に定と手を組むこととなるチンピラ・徳田誠二役に浅利陽介、鳴尾家の愛娘でスター街道を邁進中の一条あやめ役に中村 中、『鳴尾プロダクション』を文字通り裏から支える『薮内組』三代目組長・大松盛男役に山内圭哉、元映画スターで『鳴尾プロダクション』社長・鳴尾勲役に池田成志と、数多の舞台で活躍する超実力派たちが勢ぞろいした。さらに福田転球、玉置孝匡、徳永ゆうき中屋柚香、長田奈麻、香月彩里、四宮吏桜と手練れたちも集結。初座長となる中川を時には支え、時には惑わせ、『歌妖曲』の世界を創り上げる。


さらに本作は生バンドが入り、劇中で実際に様々な楽曲を演奏しながら進行する《音楽劇》。昭和の歌謡界を舞台に、中川大志と愉快な仲間達が、唄い踊りまくるお祭り感満載の極上エンターテイメント作品だ。


この話題の舞台を全国の皆様にもお届けすべく、《ライブビューイング(生中継)》の開催が決定。2022年11月17日(木)に全国と台湾の映画館に登場する。また本日10月31日(火)15時からは“チケットぴあ”にてチケット先行販売もスタート(国内分)。この機会に映画館の大スクリーンで生の舞台の感動と興奮を楽しんでみては。


<あらすじ>
昭和40年代の歌謡界に彗星のごとく登場し、瞬く間にスターダムに駆け上がった桜木輝彦(中川大志)。
そのベールに包まれた経歴の裏側には、戦後の芸能界に君臨する「鳴尾一族」の存在があった。
元映画スターの鳴尾勲(池田成志)が手掛ける、愛娘の一条あやめ(中村 中)と愛息の鳴尾利生(福本雄樹)は、スター街道を邁進中。
フィクサー・大松盛男(山内圭哉)が控え、今や世間からは、大手芸能プロダクションと謳われていた。
だが、そんな鳴尾一族にあって、存在を闇に葬られた末っ子がいた。
ねじ曲がった四肢と醜く引きつった顔を持つ、鳴尾定(中川大志)。
一族の汚れとして影の中で生き長らえてきた定は、闇医者の施術により絶世の美男子・桜木輝彦に変身を遂げ、
裏社会でのし上がろうとするチンピラ・徳田誠二(浅利陽介)と手を組み、同じく鳴尾家に怨恨を抱くレコード会社の
女社長・蘭丸杏(松井玲奈)と政略結婚し、自身の一族に対する愛の報復を始める。

その血に……運命に……復讐を遂げるべく、桜木輝彦による唄と殺しの華麗なるショーが幕を開ける───。



■音楽劇『歌妖曲~中川大志之丞変化~』ライブビューイング
【日時】2022年11月17日(木)12:30/17:30公演
【会場】新宿バルト9他、全国映画館約100館にて上映(予定)/台湾でも上映(予定)
【配給】ヴィレッヂ/ティ・ジョイ



※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)

KEYWORD

注目のキーワード

TREND

トレンド

PRESENT

読者プレゼント