THE RAMPAGE川村壱馬、真っ白のきらきら王子様衣装で登壇「今日は本気出してきました」

映画・舞台 公開日:2022/10/29 7
この記事を
クリップ

映画『貞子DX』公開“怨霊”(御礼)舞台挨拶が29日、都内で開催され、小芝風花川村壱馬THE RAMPAGE)、黒羽麻璃央池内博之、木村ひさし監督、そして呪いの元凶である貞子が出席した。


本作は、世界的ホラーアイコンである“貞子”を描いたシリーズ最新作。映画『99.9-刑事専門弁護士-THE MOVIE』などの木村ひさし監督がメガホンをとり“貞子の呪い”を解明すべく奔走するIQ200の天才女子大生・一条文華(小芝)や、自称占い師の前田王司(川村)らの姿を描く。





ハロウィンシーズン到来ということで、この日の舞台挨拶には、劇中で演じたキャラクター風の衣装というお題をもとに登壇したキャストたち。川村は劇中で、自称“王子様”占い師を演じたが、この日は真っ白の衣装に赤い花が描かれたド派手なスタイルで登場。川村は「普段ライブなどでは、このような衣装を着ることもあるのですが、こういう場ではないですね」と照れくさそうに語ると「今日は本気を出してきました」と爽やかに発言。一方、劇中ではほぼ素顔を見せることがなかった謎の協力者・感電ロイドを演じた黒羽は「ちょっと恥ずかしいですね」と顔出しで登場した感想を述べる。


とにかく癖が強いキャラクターが所狭しと活躍する本作。「共演してみて癖が強かったなと思う人は」という司会者の質問に、小芝は「川村くんは“それだ!”って腑に落ちると、めっちゃ指をならすよね」と川村の癖を指摘。川村は「確かにそうかも」と自覚があることを明かすと、同じ質問に川村は「質問とは違うかもしれませんが、麻璃央さんはなかなか食の趣味が合わないんですよね。癖が強い」と発言。


川村の言葉に「いやいや」と反論があるように話に入ってきた黒羽は「え、でもラーメンと言えばなんですか?」と客席に問いかける。黒羽は「やっぱり醤油ですよね」と言うと、川村と小芝は「とんこつじゃないですか」と発言。納得いかない顔を見せる黒羽は客席に質問すると「醤油派」が多いことが判明。結果に驚いた川村と小芝は「僕らが間違っていたのかもしれませんね」と白旗を上げていた。


その後、貞子が登壇者に送った「長~い手紙」を司会者が代読する場面も。貞子から自身の演技を絶賛され、以前のイベントで「好きだよ」と言ってもらえたことを「たとえ成仏しても絶対に忘れない」とラブコールを送られた川村は「さみしいから成仏しないでよ」と再度、貞子に優しい言葉をかけていた。


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 34件)

KEYWORD

注目のキーワード

TREND

トレンド

PRESENT

読者プレゼント