Kis-My-Ft2藤ヶ谷太輔、“クズ”役抜けきらず「アイドル業に支障」

映画・舞台 公開日:2022/10/28 12
この記事を
クリップ

Kis-My-Ft2藤ヶ谷太輔三浦大輔監督が28日、都内にて開催された映画『そして僕は途方に暮れる』東京国際映画祭上映後舞台挨拶に出席した。



本作は、藤ヶ谷太輔演じる主人公の平凡なフリーター・菅原裕一が、ほんの些細なことから、恋人、親友、先輩や後輩、家族と、あらゆる人間関係を断ち切っていく、人生を賭けた逃避劇。2018年にシアターコクーンで上演されたオリジナル舞台の映画化が、脚本・監督の三浦と主演の藤ヶ谷との再タッグで実現した。


藤ヶ谷は「撮影でいうと2年くらい前、だいぶ前に撮ったので、やっと公開できるというのと、皆さんに見ていただいて、この映画がどうだったのか気になるところではあります」と公開への思いと、観客の反応への期待を口にした。


撮影の思い出を聞かれると「初日から逃げたいなと思いましたし、楽しい思い出はひとつもありません」ときっぱり。「瞬間瞬間での監督のOKが違う」と三浦監督の厳しさを振り返り、「最後のシーンとか、リハーサルも入れると100回弱くらいやったと思います」と明かした。


また「日本語の辞書に載っていない言葉で振り返ってください」という三浦監督の無茶振りに苦労したことも告白。さらに、「雪のシーンとか印象的だったと思うんですけど、雪の動きとか粒の大きさとかも決めるのに3時間くらいかかりました。走ったし濡れたし、自転車めっちゃこぎましたね。電動自転車じゃないのでしんどかったです。電動自転車ってすごいなと思いました。改めて」と次々と苦労をぶちまけて笑い、「自分が痩せてコケて、くまが出ていく感じも役とリンクしていました」とも語っていた。


些細なことでたびたび逃げ出す主人公・菅原裕一について、藤ヶ谷は「最初は『裕一クズだな』と鼻で笑われたりしていたと思いますけど、もしかして自分にもこういうところがあるかなとか、応援したくなるようなキャラクターなのかな」とも。「鼻で笑っているやつ、いつか返ってくるぞというのは舞台の時からあった」と胸の内を明らかにしていた。


菅原の“クズっぷり”を自らに落とし込んだことで、「撮影が終わってからも、通常の自分のテンションに戻るのに、やっぱり半年くらいかかりました。アイドル業に支障出ましたね」と役が抜けきらなかったことを吐露する場面も。


「半年くらいは心も表情も動かず」とした一方で、「でも、これが三浦組を経験した人にしかわからない、しっかり役と向き合えた証拠でもあるのかななんて、ポジティブに捉えています」と打ち明けた。


その後、藤ヶ谷は「その後すぐにライブありましたけど、菅原裕一が歌って踊っているみたいな(笑)。そういう経験もなかったので、自分のキャパを知れたというか。自分はどこまでだったら余白を残して色々できるのかなとか。そういうのも気付けた」と学びがあったとまとめていた。


映画『そして僕は途方に暮れる』は、2023年1月13日(金)より、TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー。

配給:ハピネットファントム・スタジオ

©2022映画『そして僕は途方に暮れる』製作委員会

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 5件)